ニュース
» 2020年04月09日 09時50分 公開

「Visual Studio Code」向け拡張を実行可能:Google、IBM、Red Hat、SAP、Arm、Arduinoが使う「ベンダー中立」のオープンソースIDEプラットフォーム「Eclipse Theia 1.0」が登場

Eclipse Foundationは、ブラウザとデスクトップで動作する「ベンダー中立」のオープンソースIDEプラットフォーム「Eclipse Theia 1.0」を発表した。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Eclipse Foundationは2020年3月31日(米国時間)、ブラウザとデスクトップで動作するオープンソースソフトウェア(OSS)のIDE(統合開発環境)プラットフォームである「Eclipse Theia 1.0」を発表した。

 Theiaは、TypeScript、CSS、HTMLで実装されており、「同じコードベースによるデスクトップIDEおよびブラウザベースIDEの開発をサポートする、ユニークなIDEプラットフォーム」とされている。ユーザーは、ブラウザとデスクトップのどちらで動作するIDEを開発するか、あるいは両方で動作するIDEを開発するかを、前もって決める必要がないという。

Eclipse Theiaの画面(出典:Eclipse Foundation)

Theiaを使うには

 GitHubとGitLab向けのオンラインIDEである「Gitpod」でもTheiaは使用できる。Eclipse Foundationは、Theia自体のソースコードを置くGitHubでGitpod版Theiaを動かせるようにしている。またブラウザベースIDE「Eclipse Che」を、以前のGWT(Google Web Toolkit)ベースのものからTheiaベースに作り替えている

 Theiaのコントリビューター/導入企業には、TypeFox、Ericsson、Arm、Red Hat、Google、IBM、SAP、Arduino、TORO Cloud、EclipseSource、Huaweiが名を連ねている。例えば、Googleは「Google Cloud Shell」でエディタとしてTheiaを使えるようにしているSAPはブラウザベースIDEをTheiaで作り替えている。Arduinoの「Pro IDE」やArmの「Mbed Studio」はTheiaベースだ。

IDE開発ユーザー/企業の課題

 Eclipse Foundationは、「『Cloud9』のようなオンラインIDEは、ブラウザベースの開発に道を開いたが、一方でモダンなデスクトップIDEがサポートする多くのプログラミング言語やフレームワークに対応していくことは、常に難題だ」との認識を示し、こう指摘している。「この問題は、拡張を作成する開発者の大規模コミュニティーの育成や、大量の開発者の採用によって解決できるが、どちらのアプローチも、長期にわたって持続していくのは至難の業だ」

 Eclipse Foundationは、Theiaは、業界で最大かつ最も活発なIDE拡張コミュニティーを利用して、この問題を別のやり方で解決するとしている。それは、MicrosoftのOSSコードエディタ「Visual Studio Code」(以下、VS Code)の拡張コミュニティーだ。

VS Code向け拡張を実行可能

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。