連載
» 2020年04月13日 05時00分 公開

Windows 10への移行:失敗しないWindows Liveメール → Gmail移行 (1/3)

Windows 7などの環境からWindows 10に移行する際、ローカルに保存されている送受信メールのデータをどうやって移行すればよいのか? ここでは、Windows LiveメールからGmailに移行する手段を例に、受信メールやアドレス帳を移行する手順を紹介しよう。

[小林章彦,デジタルアドバンテージ]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

Windows 7上で実行しているWindows LiveメールからGmailへの移行 Windows 7上で実行しているWindows LiveメールからGmailへの移行
既にWindows Liveメールはサポートが終了しており、Windows 10にインストールすることができない。こうした古いメール環境をWindows 10にどうやって移行するのがよいのだろうか。Gmailをメールクライアントとする方法がある。

 Windows 7からWindows 10への移行や、Windows 10でも古いPCから新しいPCの移行に際して、問題となるのがデータやアプリケーション環境の移行だろう。特にメール環境を移行するのは意外と手間がかかるものだ。

 もちろん、「Gmail」や「Outlook.com」といったオンラインサービスを利用している場合は、移行の必要はなく、新しい環境でそれらのアカウントを設定するだけでいい。

 既にメールの送受信にIMAPを利用して、メールサーバ側で受信メールなどを管理している場合は、新しいPC上でメールクライアントソフトウェア(以下、メールソフト)の設定を変更するだけで済む。

 しかし、いまだにPOP3を使って、ローカルで受信メールなどを管理しているような場合は、ローカルに保存されている過去の受信メール(以下、過去メール)を新しい環境にコピーしなければ、過去メールを見るために古い環境を立ち上げなければならず不便だ。

 特に問題なのは、Windows 7の標準メールソフトであった「Windows Liveメール(以下、Liveメール)」など、既にサポートが終了してしまっているメールソフトを利用している場合だ。既にMicrosoftからの提供も終了しており、Windows 10でもサポートされていないため、Windows 10上でLiveメールを利用することができない。

 そのため、Windows 7でLiveメールを使い続けていた場合、Windows 10にする際にメールソフトも新たなものに移行する必要がある。

 そこで、Windows 10上でサポートされていないメールソフトから移行する手順をまとめる。なお、Windows 10に付属する「メール」アプリは、残念ながら他のメールソフトからのデータのインポートなどに対応しておらず、ほぼ移行が不可能となっている(エクスポートにも対応していないので、将来のさらなる環境移行などを考えると「メール」アプリへの移行はおすすめしない)。

 ここでは、Windows 7上のLiveメールから、Gmailに移行する手順を紹介する。GmailからWindows 10上のメールソフトに移行すれば、Gmailを介して、Windows 7のLiveメールからWindows 10の他のメールソフトへの移行も可能だからだ。データの移行手順自体は、別のメールソフトを利用している場合でも使えるので参考にしてほしい。またOutlook.comへ移行する場合でも、基本的な段取りはGmailと共通なので参考になるだろう。

メール環境の移行手順

 大ざっぱな手順は、以下の通りだ。

  1. Gmailのアカウントを作成する
  2. Gmailの設定を変更してIMAPを有効にする
  3. Liveメールで、GmailのアカウントにIMAPで接続する
  4. Liveメール上の過去メールをGmailに転送する
  5. Gmailの設定を変更して、これまで送受信していたメールサーバにGmailから接続するように設定する
  6. Liveメールでアドレス帳をエクスポートして、Gmailで読み込ませる

 Windows 10上で他のメールソフトを使ってPOPでメールサーバと接続したい場合は、「5.」の設定は行わず、LiveメールからGmailに過去メールを転送した方法と逆に、Gmailからメールソフトに過去メールを転送すればよい。後は、Windows 10上のメールソフトでメールサーバに接続する設定を行う。アドレス帳は、LiveメールでエクスポートしたCSVファイルを、メールソフトでインポートすればよいはずだ。本稿ではこのあたりの手順は省略させていただく。

1. Gmailのアカウントを作成する

 メールソフトとするGmailのアカウント(Googleアカウント)を作成しよう。

 すでにGmailのアカウントがある場合はそれを流用すると、スマートフォンなどのGmailアプリから現在のGoogleアカウントの設定でメールの送受信が行える。ただ、1つの受信トレイで複数のメールアドレスを管理することになり、送信や返信の際に使われるメールアドレス設定が面倒になる。既存のメール環境を移行するのであれば、専用のGmailアカウントとして新規作成した方がよい。ここでは新たにGmailアカウントを作成する前提で話を進めていく。

 なお、ここで作成するGmailアカウント(Gmailのメールアドレス)は、あくまでGmail上のメールボックスを利用するためのものであり、ISPや会社のメールアドレスで今まで通り送受信を行う(作成したGmailのメールアドレスで送受信することも可能だが)。

 Gmailアカウントは、Webブラウザで「Googleアカウントの作成」ページを開き、姓名やユーザー名(作成するGmailのメールアドレス)、パスワードなどを入力して作成する。Gmailのメールアドレスは、短いものや、単純なものは既に使われていて作成できない。多少長いアカウント名に数字などを追加すると作りやすい。

 また、アカウントが作成できたら、アカウント情報の「セキュリティ」ページの「安全性の低いアプリのアクセス」欄までスクロールして、「アクセスを有効にする」のリンクをクリックして、次のページで「安全性の低いアプリの許可」のスイッチを「オン」にして「有効」にしておく。これを有効にしておかないと、後述する過去メールをGmailに転送する際に、LiveメールからGmailへの接続がブロックされてしまう(詳細は、Tech TIPS「メーラーからGmailへの接続時に認証(パスワード)のエラーが生じる場合の対処方法」参照のこと)。

 Googleアカウントの作成後に2段階認証を有効にすると、「安全性の低いアプリのアクセス」欄は表示されなくなる。その場合は、「アプリパスワード」を発行してメーラーに指定する必要がある。詳細はTech TIPS「メーラーからGmailへの接続時に認証(パスワード)のエラーが生じる場合の対処方法」の「原因その2――2段階認証が有効になっている」を参照していただきたい。

Gmailのアカウントを作成する(1) Gmailのアカウントを作成する(1)
「Googleアカウントの作成」ページを開き、姓名やユーザー名(アカウント名)などを入力する。アカウント名は既に利用されているものは選べないので、なるべく長いものを入力した方がよい(数字などを追加するとよい)。
Gmailのアカウントを作成する(2) Gmailのアカウントを作成する(2)
セキュリティ保護のためにSMSによるコードの確認が必要になる。ここでは、SMSが受信できる携帯電話の番号を入力する。
Gmailのアカウントを作成する(3) Gmailのアカウントを作成する(3)
携帯電話のSMSに届いて6桁のコードを入力して、確認を行う。
Gmailのアカウントを作成する(4) Gmailのアカウントを作成する(4)
Googleアカウントが作成できたら、引き続きセキュリティの設定を行う。この画面が自動的に表示されるので、[セキュリティ]タブを開く。
Gmailのアカウントを作成する(5) Gmailのアカウントを作成する(5)
[セキュリティ]タブを開いたら、画面をスクロールして、「安全性の低いアプリのアクセス」欄を表示する。ここの[アクセスを有効にする]のリンクをクリックする。
Gmailのアカウントを作成する(6) Gmailのアカウントを作成する(6)
[安全性の低いアプリのアクセス]ページが開いたら、ここのスイッチを「オン」にする。

 なお、インターネットサービスプロバイダー(ISP)などから提供された既存のメールアドレスをGoogleアカウントに指定することもできるが、その場合、Gmailは利用できないので、必ず新規でアカウントを作成すること。

       1|2|3 次のページへ

Copyright© Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。