ニュース
» 2020年04月15日 08時00分 公開

反復練習をコンセプトに:プログラミングを「体で覚える」 LABOTが学習サービス「写経」を期間限定で無償提供

LABOTは、タイピングゲームのようにソースコードを入力することでプログラミングを学習するサービス「写経」を、新型コロナウイルス感染拡大の影響でオンライン学習を余儀なくされている教育機関や、自宅待機中の新社会人向けにライセンスを無償提供する。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 LABOTは2020年4月14日、プログラミングの学習に向けたWebサービス「写経(SHAKYO.io)」を、同年9月30日までの期間限定で無償提供すると発表した。対象は、新型コロナウイルスの影響でオンライン学習を余儀なくされている教育機関(小中学校、高校、高専、専門学校、短大、大学)の在籍者、緊急事態宣言に伴うリモートワークで在宅勤務している2020年卒の新社会人。

画像 反復練習をコンセプトに、教科書的な勉強ではなくトレーニングとしてプログラミングスキルを高める(出典:LABOT

自ら学びたいソースコードをアップロードする

 写経は、タイピングゲームのようにソースコードを模写して、プログラミングを練習するサービス。画面に表示されたソースコードに沿ってキーをタイプしていく。全てのコードを入力し終えると、タイプしたキーの数や入力に要した時間、タイプミスをした割合などが表示される。反復練習をコンセプトにしており、教科書的な勉強ではなくトレーニングとしてプログラミングスキルを高める。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。