ニュース
» 2020年04月15日 10時20分 公開

「March 2020」リリース:Visual Studio Code、タイムラインやリモート開発の支援など機能追加

Microsoftは、クロスプラットフォームエディタ「Visual Studio Code」の最新版「March 2020」リリース(バージョン1.44)を公開。タイムラインの追加やリモート開発の支援など、機能の追加、改善を行っている。

[@IT]

 Microsoftは2020年4月8日(米国時間)、WindowsやLinux、macOSに対応するクロスプラットフォームのエディタ「Visual Studio Code」(以下、VS Code)の最新版「March 2020」リリース(バージョン1.44)を公開した。

 VS Codeのバージョン1.44では、アクセシビリティー、タイムライン、クイックオープン、リモート開発などについて機能の追加、改善を行った。主な改善点は次の通り。

アクセシビリティーの改善

 Microsoftは、コミュニティーからのフィードバックを踏まえ、以下のように、さまざまなアクセシビリティーの問題に取り組んだ。

 例えば、差分表示の機能を追加した。[F7]キーと[Shift]+[F7]キーで変更箇所をナビゲートできるようにし、「Stage」「Unstage」「Revert Selected Ranges」コマンドでステージ、ステージ解除、現在の変更の破棄が可能になった。

 また、ウィジェットにおけるロールをより明確にした。「Suggest」ウィジェットと「Quick Pick」で「listbox」ロールが、静的リストで「list」ロールが、読み取り専用コンテンツ(「ようこそ」やマークダウンのプレビューなど)で「document」ロールが使えるようになった。

「タイムライン」ビュー

 これまでプレビュー段階だった「タイムライン」ビューが正式な機能となり、デフォルトで有効になった。

 この機能では、ファイルの時系列のイベント(Gitコミット、ファイル保存、テスト実行など)を履歴として表示できる。タイムラインはデフォルトで、アクティブなエディタに関する履歴を自動的に更新する。このデフォルトの動作は、「エクスプローラー」ビューの「タイムライン」ツールバーにある目の形をしたアイコンをクリックして、有効/無効を切り替えられる。また、タイムラインは他のビューと同様に、タイピング時のインクリメンタル検索またはフィルタリングに対応している。

 今回のMarch 2020リリースでは、ビルトインGit拡張がタイムラインのソースとして機能し、指定されたファイルのGitコミットの履歴を提供する。コミットを選択すると、そのコミットで行われた変更の差分を表示できる。コンテキストメニューから「Copy Commit ID」や「Copy Commit Message」コマンドを実行することもできる。また、[エクスプローラー]ビューのコンテキストメニューから[Open Timeline]コマンドを指定し、選択したファイルのタイムラインを素早く表示することもできる。

タイムラインビューの実行例(出典:Microsoft)

 まだAPIは提案段階だが、拡張も、追加のタイムラインのソースとして機能することが可能になる。

「クイックオープン」コントロールの改善

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。