ニュース
» 2020年04月16日 15時00分 公開

約1000の組織が使用:新型コロナ関連対応支援アプリの日本語版を無償提供 ServiceNow Japan

ServiceNow Japanは新型コロナウイルス感染症に関する問い合わせ、管理をリモートで対応できる「危機管理支援アプリ」の日本語版を2020年9月末まで無償提供することを発表した。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 ServiceNow Japanは2020年4月16日、「危機管理支援アプリ」日本語版の無償提供を開始した。アプリの無償提供期間は2020年9月30日までを予定している。

 同アプリは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する問い合わせ、管理をリモートで対応できるサービスだ。米国本社が提供する英語版は、約1000の企業、組織で使用されている。

 日本語版は、従業員の所在と安全を可視化する「Emergency Outreach」、従業員の就業状況を可視化する「Emergency Self Report」、自組織内の感染拡大リスクを可視化する「Emergency Exposure Management」の3つのアプリを提供する。

 また同社が提供するプラットフォームを用いて、ワシントン州保健省が公開している「Emergency Response Operations」(英語版のみ)も利用可能だ。重要拠点のリソースとスタッフのアサインを最適化するもので、3つのアプリと合わせて活用できる。

無償提供する危機管理支援アプリの内訳(出典:ServiceNow Japan) 無償提供する危機管理支援アプリの内訳(出典:ServiceNow Japan)

日本の行政機関でも導入の動きが

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。