ニュース
» 2020年04月22日 08時00分 公開

オンラインを前提としたコミュニケーションの構築:テレワークの長期継続によって減少する「やる気」を回復させた施策とは パーソルプロセス&テクノロジー

パーソルプロセス&テクノロジーは、テレワークとエンゲージメントの関係について分析した。テレワークの長期継続によってチームワークが悪化することがあるものの、職場仲間とのオンラインを通じたコミュニケーションによって改善できることが分かった。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 パーソルプロセス&テクノロジーは2020年4月21日、テレワークとエンゲージメントの関係についての分析結果を発表した。同社で「働き方改革の専門家集団」として働き方改革の支援やコンサルティングを行うワークスイッチコンサルティングと、テクノロジーで人の能力や意欲を引き出す「People Tech」事業を運営するアトラエが共同で調査を実施。調査にはアトラエが提供するエンゲージメントサーベイサービス「wevox」を利用した。

 なお、ここでいうエンゲージメントとは、組織に対する自発的な貢献意欲や、主体的に仕事に取り組んでいる心理状態を指標化したもの。

 今回の調査は、テレワークを実践しているワークスイッチコンサルティングの社員を対象に、2019年10月から2020年3月の様子を分析した。ワークスイッチコンサルティングでは2015年からテレワークを実施しており、今回の調査対象のチームは、テレワークを週4〜5回のペースで実施している。

人事異動とテレワークの組み合わせは「熱中度が低下」

 wevoxのエンゲージメントスコアの時間推移を見ると、「チームワーク」と「組織への共感」のエンゲージメントスコアが下降傾向にあることが分かった。パーソルプロセス&テクノロジーは、この点について「長期間のテレワークによって直接会えない時期が続くことで、人とのつながりが弱まっていることを示唆している」と分析している。

画像 長期間のテレワークは「チームワーク」と「組織への共感」が下降傾向(出典:パーソルプロセス&テクノロジー

 次に、2019年10月に人事異動があった組織となかった組織の間で、エンゲージメントスコアの推移を比較すると、異動があった組織の「仕事への熱中度合い」スコアが低下していた。人事異動がなかった組織にはこうした傾向は見られなかったことから、パーソルプロセス&テクノロジーは「テレワークの実施と人事異動が重なると、仕事への熱中度合いが低下することがある」とみている。

 ただ、2019年11月以降は異動があった組織のスコアに改善が見られる。2019年11月以降は、部署全体でオンラインミーティングを実施したり、オンライン通話サービスを利用した1on1を行ったり、月次のワークショップを実施したという。こうした施策がエンゲージメントスコアの改善に影響を与えた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。