ニュース
» 2020年04月22日 10時00分 公開

COVID-19の影響は欧州で強く、アジアは成長:IDCが予測した世界IT/ビジネスサービス市場、2020年は1.1%減、2021年に1%強の成長

世界経済は需要、供給とも、2度の世界大戦以来の大幅な落ち込みが懸念されている。新型コロナウイルスの流行が原因だ。しかし、世界IT/ビジネスサービス市場が今後受ける影響は地域によって異なる。米州地域は0%台の成長で耐えるものの、欧州、中東、アフリカ地域は落ち込みが著しい。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 IDCは2020年4月15日(米国時間)、世界ITサービスとビジネスサービス市場について、2019年の成長率と、2020年、2021年の予想成長率を発表した。同市場は2019年まで3年連続で成長してきた。成長率自体も2017年が対前年比4%増、2018年が4.2%増、2019年が5%増と年々上昇していた。2019年には景気が鈍化し、全世界のGDP成長率が3%強にとどまったにもかかわらずだ。

 この間に大手サービスベンダーのBBレシオ(出荷額に対する受注額の割合)はほぼ常に1を上回り、利用企業が先行きについて楽観的な見通しを持ち、デジタルトランスフォーメーション(DX)に意欲的であることを示していた。

 しかし、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の世界的な流行とこれに伴う景気低迷を背景に、見通しが悪化している。世界経済は需要、供給とも、2度の世界大戦以来の大幅な落ち込みが懸念されている。

 こうした経済状況の影響を考慮し、IDCは世界サービス市場が2020年は1.1%減となり、2021年も1%強の成長にとどまると予想している。この最新予想は、「Economist」誌の調査部門Economist Intelligence Unitが発表した「2020年の実質GDPは第1、第2四半期に急減し、後半に持ち直すものの、通年で2%以上のマイナス成長になる」という見通しを踏まえたものだ。

 供給側(少なくとも企業向けサービスの)への影響は比較的小さい見通しだ。サプライヤーは、リモートワークやソーシャルディスタンシング(社会的距離の確保)により、経済社会状況の変化に迅速に対応している。また、COVID-19危機の影響で、企業と消費者のオンライン利用が一段と進みそうだ。その結果、生産性が向上し、新たな機会が開ける可能性もある。

 だが、需要側は大きな打撃を受け、厳しい先行きを予想した。ほとんどの地域が2020年はマイナス成長となるが、地域によって深刻度はまちまちだ。アジア太平洋地域が成長を維持する一方、米州は微減となり、欧州、中東、アフリカ(EMEA)は最も悪影響を受けると予想した。

世界ITサービスとビジネスサービス市場の成長予測(数値の出典:IDC

米州地域は0%台の成長で耐える

 米州地域のサービス市場は、2019年の対前年比5.2%の成長から一転し、2020年は0.2%成長にまで落ち込む。IDCによれば、2021年には成長傾向が強まり、最終的には3%以上になると予想している。しかし、5年間の年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)は以前の予測よりもかなり低くなるだろう。

 2020年の米国市場の規模は対前年比で0.18%減となる見通し。米国の政府機関と民間セクターは、市場の先行きが不透明なことを理由に、自由裁量下にあるサービス支出の決定を遅らせている。これを受け、プロジェクト指向の市場(コンサルティングやカスタムアプリケーション開発、システム統合など)は2020年に0.4%減少する見通し(2019年は7.4%増)。マネージドサービス市場も2020年は0.7%減となり、サポートサービス市場は横ばいと予想した。

 カナダ市場も2020年は縮小する。だが、中南米市場が若干のプラス成長となり、これを部分的に相殺する見通しだ。中南米市場の2019年の成長率は7.2%増だった。

欧州、中東、アフリカ(EMEA)地域は落ち込む

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。