連載
» 2020年04月24日 05時00分 公開

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(106):新型コロナウイルス感染拡大に伴うWindowsサポート期限の延長について

Microsoftは2020年5月にサポート終了を迎える「半期チャネル(SAC)」のWindowsについて、「2020年11月」までサポート期限を延長することを発表しました。また、2020年7月に予定されていた「Azure IoT Hub」でのTLS 1.0/1.1のサポート廃止も無期限の延期としました。

[山市良,テクニカルライター]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「Microsoft Azure最新機能フォローアップ」のインデックス

Microsoft Azure最新機能フォローアップ

Windows仮想マシンの一部のゲストOSサポート期限が延長

 Microsoftは「半期チャネル(Semi-Annual Channel:SAC)」の「Windows 10」について、HomeおよびPro(Pro EducationおよびPro for Workstationsを含む)はリリースから18カ月、EnterpriseおよびEducationは秋のリリースについて30カ月の品質更新サポートを提供しています。

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の世界的な感染拡大を受け、同社は、2020年4月14日(米国時間)にサポート終了予定だった「Windows 10 バージョン1709」のEnterpriseおよびEducationのサポート期限がさらに6カ月後の「2020年10月13日」に延長することを、2020年3月中旬に発表しました。

 また、2020年5月12日にサポート期限を迎える「Windows 10 バージョン1809」のHomeおよびProのサポート期限を、さらに6カ月後の「2020年11月10日」まで延長することも発表しました。

 なお、「2021年5月11日」までの30カ月サポートが提供される「Windows 10 バージョン1809」のEnterpriseおよびEducationのサポート期限に変更はありません。同じバージョン/ビルドベースの「長期サービスチャネル(Long-Term Servicing Channel:LTSC)」(メインストリームサポート5年と延長サポート5年が提供)の「Windows 10 Enterprise 2019 LTSC」のサポート期限にも変更はありません。

 Microsoftは今回、「Windows Server SAC」についても6カ月のサポート延長措置を発表しました。Windows Server SACはリリース時期やエディション(DatacenterおよびStandard)に関係なく、リリース後18カ月の品質更新サポートが提供されます。

 「Windows Server, version 1809」は当初、2020年5月12日にサポート期限を迎える予定でしたが、「2020年11月10日」まで延長されます。Windows Server, version 1809と同じバージョン、ビルドベースのLTSCの「Windows Server 2019」については、サポート期限に変更はありません。

 Windows Server, version 1809のサポート期限延長については、以下のサポート情報で説明されています。

 このサポート情報には2020年5月にサポート期限を迎える予定だった「Microsoft Endpoint Configuration Manager(Current Branch), version 1810」、2020年10月にサポート期限を迎える予定だった「SharePoint 2010」や「Project Server 2010」など、幾つかの製品やサービスのサポート期限延長や、2021年前半に予定されていた「Exchange Online」での「基本認証」の廃止の無期限延長についても説明されています。利用中の製品やサービスがある場合はご確認ください。

サポート期限延長のAzure関連サービスへの影響

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「Windows 7」サポート終了 対策ナビ

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。