Special
» 2020年04月23日 10時00分 公開

OS、ブラウザ、そしてバージョンの差:「とても面倒見切れない」 多様化するクライアント端末に情シスはどう対処?

今日、企業の業務システムはPCだけではなくさまざまな端末で利用される。多様化が進むクライアント端末に適切に対応するために何が必要なのか。そして忘れられがちな「ユーザビリティー」の重要さとは。

[PR/@IT]

 これまでの「会社のノートPC以外、業務では使えない」という常識は過去のものになりつつある。出先で使うタブレットやスマートフォン、そして在宅勤務で使う私物PCなど、業務システムを取り巻くクライアント端末は変化している。

 そこにはWindows、macOS、Linux、iOS、AndroidといったOSの違いだけでなく、Internet Explorer、Microsoft Edge、Google Chrome、Safari、Firefoxといったブラウザの違い、そしてそれぞれのバージョンについても違いがある。

 従業員からすれば利用できるクライアント端末が増えれば業務効率は上がり、生産性も向上すると考える。しかし、業務システムの開発、保守をしている情報システム部門からすれば「とても面倒見切れない」というのが本音だろう。会社支給の端末ならともかく、私物のPCや「顧客用のデモ環境でも動作させてほしい」といった要求に応えるのは難しい。ソースコード一つ取ってもOS、ブラウザ、バージョンの違いに合わせたカスタマイズ、つまり「差分の吸収」が必要になるからだ。

 かといって開発を外注にすれば、今度は予算増加と開発スピードの低下が問題になる。「ノーコード開発」「ローコード開発」ツールを利用する方法もあるが当然制約はあり、これまでの業務システムと全く同じ仕様にできるとは限らない。

 有識者によれば、こうした状況で企業に必要なのは「クライアント端末の多様性を受け止めつつ、リソースを一元的に統合管理できるプラットフォーム」だという。それは一体どんなものなのか。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:日本ネクサウェブ株式会社
アイティメディア営業企画/制作:@IT 編集部

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。