ニュース
» 2020年04月28日 15時00分 公開

CEOのシブランディ氏が戦略を語る:GitLabが日本市場に本格参入、「単一製品でDevOpsの全ライフサイクルをカバー」

DevOpsプラットフォーム製品を提供するGitLabは2020年4月28日、日本市場への本格参入を発表した。同社のCEOであるシッツェ・シブランディ氏は、国内メディア向けのオンライン説明会で、同社の戦略について語った。

[三木泉,@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 GitLabは2020年4月28日、日本市場への本格参入を発表した。同社のCEO、シッツェ・シブランディ(Sid Sijbrandij)氏は国内メディア向けのオンライン説明会で、同社の戦略について語った。

GitLab CEOのシッツェ・シブランディ氏

 GitLabは日本法人を設立した。日本担当カントリーマネージャーに就任した村上督氏は、これまで同社製品を販売してきたクリエーションラインに加え、システムインテグレーターを中心に、販売パートナーを広げたいと話した。

 ソースコードのバージョン管理ツールとしてスタートしたGitLabは、現在では開発プロセス全般にまたがる機能を提供している。

 シブランディ氏は、「組織管理」「トラッキング」「コード作成」「検証」「パッケージング」「コードセキュリティ」「リリース管理」「構成管理」「監視」「セキュリティ保護」の全てで機能を提供しているのは同社だけだと強調した。特にセキュリティ関連機能は約2年前に提供開始以来、利用が急速に拡大しているという。

GitLabは、特定分野に特化したツールを置き換えることができるという

 「単一の製品でDevOpsライフサイクルに求められる機能を網羅しているため、特定分野に特化したポイントツールを組み合わせる必要がない。ライセンス料が節約できるだけでなく、統合やメンテナンスのコストも削減できる。開発サイクルの高速化で、開発コストも低減する。さらにこれが、ユーザー組織の事業成長を加速する」(シブランディ氏)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。