ニュース
» 2020年05月11日 08時00分 公開

悲観的シナリオではマイナス9.3%:IDCが2020年国内ICT市場の支出額を下方修正 新型コロナの状況を反映

IDC Japanは、2020年国内ICT市場の支出額を、対前年比6.1%減の27兆8357億円に下方修正した。新型コロナウイルス感染症の状況を反映させた。楽観的シナリオではマイナス3.8%程度に改善する一方で、悲観的シナリオではマイナス9.3%まで落ち込む見込みだ。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 IDC Japanは2020年5月7日、2020年の国内ICT市場の最新予測を発表した。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の状況を反映させた。最新の予測によると、国内ICT市場の支出額は、対前年比6.1%減の27兆8357億円の見込みで、同年4月3日に発表した成長率から1.6ポイント下方修正した。

画像 新型コロナウイルス感染症の影響を考慮した国内ICT市場の前年比成長率の予測(出典:IDC

 製品セグメント別に成長率を見ると、スマートフォン、PC、タブレットなどのデバイス市場がマイナス24.3%で、前回予測から2.3ポイント下方修正した。サーバ、ストレージ、IaaS(Infrastructure as a Service)、ネットワークなどのインフラ市場は同2.7ポイント減のマイナス3.9%、ソフトウェア市場は同3.4ポイント減の0.6%、ITサービス市場は同1.0ポイント減のマイナス2.8%、通信サービス市場は同0.7ポイント減のマイナス1.2%と予測する。

 こうした成長率の下方修正は、緊急事態宣言の発令によって各自治体からの外出自粛やさまざまな営業活動の休止が強化され、国内の経済活動が冷え込んだことが原因だ。影響は、あらゆる産業に拡大している。

2021年に向けて回復予測

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。