ニュース
» 2020年05月22日 08時00分 公開

「DevOpsの重要性を認識した企業が増えた」と分析:2024年の市場規模は693億円 IDCが国内DevOpsソフトウェア市場を予測

IDC Japanによると、2019年の国内DevOpsソフトウェア市場の規模は対前年比24.8%増の270億4300万円。企業がDXに取り組んでいく中でDevOpsの重要性を認識し、DevOpsを実践する企業が増えた。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 IDC Japanは2020年5月20日、国内のDevOpsソフトウェア市場について、2019年の市場規模実績と2024年までの市場規模予測を発表した。

 それによると、2019年の市場規模は対前年比24.8%増の270億4300万円。同社は、2019〜2024年の年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)を20.7%と見込み、2024年の市場規模を693億5200万円と予測する。

画像 2019年〜2024年の国内DevOpsソフトウェア市場予測(出典:IDC

バージョン管理やCI/CD、テストの自動化などが好調

 主な投資対象となっているDevOpsソフトウェアは、バージョン管理やCI/CD(継続的インテグレーション/継続的デリバリー)、テストの自動化、アプリケーションパフォーマンス管理。これらのソフトウェアでは、特にクラウドサービスの活用が拡大している。

 こうした高い成長を見せるDevOpsソフトウェア市場について、IDCは「企業がデジタルトランスフォーメーション(DX)に取り組んでいく中でDevOpsの重要性を認識し、DevOpsを実践する企業が増えた」と分析している。DXを実現するには、アプリケーションの開発とデプロイメントの頻度が高くなる。それに対応するためDevOpsを実践する企業は、CI/CDを中心にアプリケーションライフサイクルを構築し、その最適化と自動化を図るためにDevOpsソフトウェアを導入しているという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。