連載
» 2020年05月25日 05時00分 公開

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(109):Azure Cloud Shellにも接続できる「Windows Terminal」の正式版がリリース

Microsoftは2020年5月19日(米国時間)、デジタルイベントとして開催された「Microsoft Build 2020」において、「Windows Terminal 1.0」のリリースを発表しました。

[山市良,テクニカルライター]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「Microsoft Azure最新機能フォローアップ」のインデックス

Microsoft Azure最新機能フォローアップ

Windows Terminalが正式版の「バージョン1.0」に

 「Windows Terminal」は2019年に米国シアトルで開催された「Microsoft Build 2019」で初めて紹介され、その後、Preview版として「バージョン0.x」がリリースされてきました。そして、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大の影響で、デジタルイベントとして2020年5月19〜20日に開催された「Microsoft Build 2020」の初日、正式版として「Windows Terminal 1.0」のリリースが発表されました。

 Windows Terminalは、コマンドプロンプト、Windows PowerShell、PowerShell Core、Windows Subsystem for Linux(WSL)で動作するLinuxディストリビューションのLinuxシェル(bashなど)など、コマンドラインツールやシェルを複数のタブやペインで単一ウィンドウ内に統合できる端末アプリです。

 本連載第89回で紹介したように、Azure CLIやAzure PowerShellの実行環境をクラウドサービスとして提供する「Azure Cloud Shell」のコンソールを統合することもできます(画面1)。

画面1 画面1 正式版になった「Windows Terminal」(バージョン1.0)。Azure Cloud Shellとの接続も可能(左ペイン)。ペインの横分割は[Alt]+[Shift]+[+]キー、縦分割は[Alt]+[Shift]+[−]キー

Windows Terminalのインストールと更新、Azure Cloud Shellとの統合

 Windows Terminalの正式版は、Windows 10バージョン1903以降のWindows 10に「Microsoft Store」(https://aka.ms/terminal)から無料で入手してインストールできます。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。