連載
» 2020年05月29日 05時00分 公開

Tech TIPS:Microsoft Edgeの履歴やキャッシュを削除して個人情報を守る

PCを修理に出す際などにWebブラウザの閲覧履歴やキャッシュをそのままにしておくと、そこから個人情報やパスワードなどが漏えいしてしまう危険がある。そこで、Microsoft Edgeで閲覧履歴やキャッシュなどを削除(クリア)する方法を紹介しよう。

[小林章彦,デジタルアドバンテージ]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「Tech TIPS」のインデックス

連載目次

対象:Windows版Microsoft Edge、Chromium版Microsoft Edge(Windows OS)


閲覧履歴やキャッシュなどから個人情報が漏えいする危険が……。 閲覧履歴やキャッシュなどから個人情報が漏えいする危険が……。

 他人のPCを使って返却する際や、PCを修理に出す際、Webブラウザの閲覧履歴やキャッシュをそのままにしておくと、そこから個人情報やパスワードなどが漏えいしてしまう可能性がある。また、キャッシュの影響によって、Webページが正常に表示されない、といった不具合が発生することもある。

 このような場合、閲覧履歴やキャッシュなどのデータを削除(クリア)して、個人情報を守ったり、不具合を解消したりしよう。本Tech TIPSでは、「Microsoft Edge」で閲覧履歴やキャッシュを削除する方法を解説する。

 なお、Microsoft EdgeはWindows 10に標準でインストールされているバージョン(以下、Microsoft Edge)に加え、Chromiumをベースに開発した新しいMicrosoft Edge(以下、Chromium版Edge)がある。それぞれで削除方法が若干異なるので、別々に解説していく。両者を区別する方法についてはTech TIPS「古いの? 新しいの? Microsoft Edgeのバージョンを確認する」を参照していただきたい。

Microsoft Edgeの場合

 Microsoft Edgeの場合、アドレスバーの右側にある[…]アイコンをクリックし、表示されたメニューをスクロールして、一番下の[設定]を選択する。[設定]メニューに切り替わるので、左側のアイコンで[プライバシーとセキュリティ]を選択する。[プライバシーとセキュリティ]メニューになったら、[クリアするデータの選択]ボタンをクリックする。

 [閲覧データの消去]メニューになるので、ここで削除したいデータの項目を選択する。

  • 閲覧の履歴
  • Cookieと保存済みのWebサイトデータ
  • キャッシュされたデータとファイル
  • 保存して閉じたタブや最近閉じたタブ
  • ダウンロードの履歴
  • オートフィルデータ(フォームやカードを含む)
  • パスワード
  • メディアライセンス
  • Webサイトのアクセス許可
Microsoft Edgeで閲覧履歴などを削除する(1) Microsoft Edgeで閲覧履歴などを削除する(1)
アドレスバーの右側にある[…]アイコンをクリックし、メニューの[設定]を選択する。
Microsoft Edgeで閲覧履歴などを削除する(2) Microsoft Edgeで閲覧履歴などを削除する(2)
左側のアイコンで[プライバシーとセキュリティ]を選択し、[プライバシーとセキュリティ]メニューの[クリアするデータの選択]ボタンをクリックする。
Microsoft Edgeで閲覧履歴などを削除する(3) Microsoft Edgeで閲覧履歴などを削除する(3)
[閲覧データの消去]メニューに切り替わるので、ここで削除したいデータの種類を選択し、[クリア]ボタンをクリックする。PCを修理に出す場合などは、全てのデータの種類をチェックしておくとよい。

 他人のPCやPCを修理に出すような場合は、全てのデータを削除した方がよい。ただし、Webサイトからログアウトされたり、ログイン時にID/パスワードの自動記入ができなくなったりするので、ID/パスワードは別途控えておいた方がよい。

 Webページが正常に表示されないといった不具合の場合は、「Cookieと保存済みのWebサイトデータ」と「キャッシュされたデータとファイル」を削除すればいいだろう。

Chromium版Edgeの場合

 Chromium版Edgeの場合、アドレスバーの右側にある[…]アイコンをクリックし、メニューの[設定]を選択する。新しいタブで[設定]画面が開くので、左ペインで[プライバシーとサービス]を選択する(左ペインが表示されない場合は、Chromium版Edgeのウィンドウを広げるか、左上隅にある[三]アイコンをクリックする)。右ペインが[プライバシー]画面に切り替わるので、「閲覧データをクリア」欄の[クリアするデータの選択]ボタンをクリックする。

 [閲覧データをクリア]ダイアログが開くので、削除する時間の範囲を「すべての期間」「過去4週間」「過去1週間」「過去24時間」「過去1時間」から選び、削除したいデータの項目を選択して[今すぐクリア]ボタンをクリックする(パスワード以下はスクロールしないと表示されないので注意)。

  • 閲覧の履歴
  • ダウンロードの履歴
  • Cookieおよびその他のサイトデータ
  • キャッシュされた画像とファイル
  • パスワード
  • オートフィルフォームデータ(フォームやカードを含む)
  • サイトのアクセス許可
  • ホストされたアプリのデータ
  • 以前のバージョンのMicrosoft Edgeのすべてのデータ

Copyright© Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。