ニュース
» 2020年06月01日 08時00分 公開

既存製品のクラウド化も進める:UiPathが新製品3種を発表 業務フロー可視化の「UiPath Process Mining」など

UiPathはRPAの効率化を図る新製品3種を発表した。自動化する業務を調査する製品や、業務効率改善のための協働を促す製品を販売し、既存製品のクラウド化も進める。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 UiPathは2020年5月27日、3つの新製品と、既存製品のクラウド版のリリースを発表した。

UiPath 代表取締役 CEO 長谷川康一氏 UiPath 代表取締役 CEO 長谷川康一氏

 同日行われた記者説明会の場で代表取締役CEOの長谷川康一氏は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が猛威を振るう状況下での働き方について次のように語った。

 「安全と経済を両立しなければならないという難しい局面を迎えている。今の危機意識が、根本的な発想の転換を可能にする。過去のしがらみを超えて、変革できる機会が訪れている」

 長谷川氏は、対症療法的に局所的なデジタル化をしても効果は限定的であると述べ、働き方の前提を見直した効果的な次世代の業務フローを作るべきと主張した。

 「これまで提供してきた製品は、RPA(Robotic Process Automation)の開発、管理、実行を支えるものだった。これからは、次世代の業務フローを使いこなせる人材を育てるという観点から、自動化する業務の発見、AI(人工知能)や既存のシステムが全てプロセスとしてつながる協働、自動化の効果を可視化する測定、これらを支える製品を提供していく」(長谷川氏)

 今回発表された新製品は、「UiPath StudioX(以下、StudioX)」「UiPath Automation Hub(以下、Automation Hub)」「UiPath Process Mining(以下、Process Mining)」の3つだ。

AI、ETLを活用した業務分析ツールも

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。