ニュース
» 2020年06月03日 18時00分 公開

パッケージ名のリファクタリングが容易に:Microsoft、「Visual Studio Code」向けJava拡張機能の「May 2020」アップデートをリリース

Microsoftは、「Visual Studio Code」でJavaアプリケーションの作成、テスト、デバッグを進めるための一連の拡張機能を含む「May 2020」アップデートをリリースした。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Microsoftは2020年6月1日(米国時間)、ソースコードエディタ「Visual Studio Code」(以下、VS Code)でJavaアプリケーションの作成、テスト、デバッグを進めるための一連のJava拡張機能を含む「May 2020」アップデートをリリースした。

 May 2000アップデートに含まれる主な改良点は次の通り。

ステータスバーにJava言語レベルを表示

 VS CodeのステータスバーにJava言語レベルを直接表示できるようになった。ステータスバーのJava言語レベルをクリックすると、「java.configuration.runtimes」設定が開き、JDKの設定を決定できる。この機能を利用するには、「Language Support for Java」拡張機能の最新版をインストールし、アクティブエディタータブを「.java」ファイルに設定する必要がある。

Java言語レベルを設定しているところ(クリックで再生、出典:Microsoft

パッケージ名のリファクタリング

 VS Codeのエクスプローラビューでフォルダ名を変更すると、パッケージのリファクタリング設定を求められるようになった。リファクタリングによる変更を常に自動的に適用するか、常に適用前に変更をプレビューするか、どちらかを選択する。

リファクタリングの設定を選択しているところ(クリックで拡大、出典:Microsoft

 この挙動は、「java.refactor.renameFromFileExplorer」設定で制御されている。オプションは次の4つある。

  • never ファイルエクスプローラでの名前変更操作に伴うリファクタリングを有効にしない
  • autoApply インポートとパッケージ宣言を常に自動的に更新する
  • preview 常に変更を適用前にプレビューする
  • prompt リファクタリングのプレビューを省略するかどうかをユーザーに確認する

プロセスIDによるデバッガのアタッチ

 「Debugger for Java」拡張機能が、プロセスIDによるデバッガのアタッチをサポートした。この新機能を利用するには、デバッガ拡張機能の最新版をインストールし、デバッガ構成に「java: Attach to Process」オプションを追加する。これにより、デバッガの実行時に、デバッガをアタッチしてデバッグするプロセスを選択するよう求められる。

プロセスIDによるデバッガのアタッチが動作しているところ(クリックで再生、出典:Microsoft

その他の主な改良点

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。