ニュース
» 2020年06月04日 08時00分 公開

ITインフラの自動化を支援:IBM、AIでIT運用を自動化する「IBM Watson AIOps」などを発表

IBMは、AIでIT運用を自動化し、コントロール性、効率性、ビジネス継続性を向上させる「IBM Watson AIOps」などを発表した。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 IBMは2020年5月5日(米国時間)、ITインフラに自動化をもたらし、コントロール性、効率性、ビジネス継続性を向上させる「IBM Watson AIOps」と各種製品のアップデートを発表した。

 IBM Watson AIOpsは、企業がITインフラの異常に対して自己検知、診断、対応をする課程をAI(人工知能)で自動化する。CIO(最高情報責任者)が将来をより適切に予測、形成したり、価値の高い仕事にリソースを重点的に投入したり、長時間稼働が可能なネットワークを構築したりするのに役立つよう設計したという。

 IBM Watson AIOpsは、エンタープライズ対応のKubernetesコンテナプラットフォーム「Red Hat OpenShift」で構築されており、ハイブリッドクラウド環境全体で動作する。「Slack」や「Box」など、コラボレーションツールなどと連携する他、「Mattermost」や「ServiceNow」のようなIT監視製品との連携も可能だ。

 またIBMは、「Cloud Modernization」サービスの新しいAI機能「Accelerator for Application Modernization with AI」も発表した。

 この新機能は、顧客がアプリケーションのモダナイゼーションに関する全体的な労力とコストを削減できるよう設計されている。包括的なモダナイゼーションの取り組みを最適化する一連のツールを提供し、アーキテクチャやマイクロサービスに関するさまざまなオプションの分析、提案を迅速化する。

 継続的な学習と解釈可能なAIモデルを活用し、顧客が望むソフトウェアエンジニアリングプラクティスに適応するとともに、技術やプラットフォームの進化にも対応していくとしている。

経営計画、業務、コールセンターの自動化を推進

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。