ニュース
» 2020年06月08日 17時30分 公開

SlackからAWSリソースを管理しやすくなる:AWSとSlack、エンタープライズコラボレーションを強化するソリューション提供で戦略的提携を発表

Amazon Web Services(AWS)とSlack Technologiesは、エンタープライズコラボレーションを強化するソリューションを提供する目的で戦略的提携を結んだ。AWS ChatbotとSlackの統合やAmazon AppFlowとSlackの統合を進める。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Amazon Web Services(AWS)とSlack Technologiesは2020年6月4日(米国時間)、エンタープライズコラボレーションを向上させるソリューションの提供について、新たな複数年契約を締結したと発表した。

 SlackとAWSは戦略的なパートナーシップを結び、分散開発チームが「Slack」からAWSリソースをより効率的、機動的に管理できるよう支援する。

 Slackは、「Slack Calls」の全ての音声通話とビデオ通話機能を「Amazon Chime」に移行する。Amazon Chimeは、ユーザーがミーティングやチャット、ビジネス通話を利用できるAWSのコミュニケーションサービス。

 さらにSlackは、AWSのグローバルインフラを利用して、企業がSlackプラットフォームを迅速に導入できるようサポートするとともに、データレジデンシー機能を提供する。データレジデンシーは、コンプライアンス要件を満たすために、データを保管する国や地域を選択できる機能だ。

 Slackは今後もAWSを優先クラウドサービスプロバイダーと位置付け、AWSのストレージやコンピュート、データベース、セキュリティ、分析、機械学習といった幅広いサービスを利用して、新しいコラボレーション機能を開発する。

 AWSはSlackを使って、AWSの社内チームがコミュニケーションや共同作業をより容易に行えるようにする。

 AWSとSlackは次のように述べている。「企業は、AWSの実績あるインフラやセキュリティサービスと組み合わせたSlackのチャンネルベースのメッセージングソリューションを利用できる。これにより安全で信頼性の高いコミュニケーションをスケーラブルに実現できる」

 SlackとAWSは、製品統合を拡張し、相互運用性を高め、開発チームがSlackチャンネルとAmazon Chimeチャットルームで、AWSリソースをより柔軟に管理できるよう支援する。こうした統合には、次のような内容を含む。

Amazon ChimeインフラとSlack Callsの統合

 Slack Callsのネイティブ音声やビデオ、画面共有機能の開発にAmazon Chime SDKを利用する。Amazon Chimeをリアルタイムコミュニケーション機能の基盤に据えることで、SlackはAWSのインフラを利用して、高品質で信頼性の高いユーザーエクスペリエンスを提供でき、独自の統合コミュニケーションインフラのメンテナンスに伴うコストや複雑さを解消できる。

AWS Key Management ServiceとSlack Enterprise Key Managementの統合

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。