連載
» 2020年06月09日 05時00分 公開

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(112):Docker Enterprise 3.1が提供開始――Mirantisに買収後、初のメジャーリリース

Mirantisは2020年5月28日(米国時間)、LinuxおよびWindows Serverに対応した最新の「Docker Enterprise 3.1」をリリースしました。Docker Enterprise(旧称、Docker Enterprise Edition、Docker EE)はWindows Server 2016で初めてWindows Serverに対応しましたが、このバージョンからはWindows Server 2016はサポート対象外となります。

[山市良,テクニカルライター]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「Microsoft Azure最新機能フォローアップ」のインデックス

Microsoft Azure最新機能フォローアップ

Mirantisによる買収後、初めての動き

 2019年11月初め、Docker Enterprise部門がMirantisに買収されました。その後、買収発表直後のマイナーリリース「Docker Enterprise 3.0(Docker Engine 19.03.5)」を最後にマイナーリリース、メジャーリリースともに半年以上動きがありませんでした。そして、2020年5月28日(米国時間)、Mirantisからの初めてのメジャーリリース「Docker Enterprise 3.1(Docker Engine 19.03.8)」が発表、提供されました。

 新バージョンの新機能や変更点については、以下のリリースノートで確認してください。大きな変更点としては、「Universal Control Plane(UCP)」で管理されている「Kubernetes」クラスタにおいて、Windows Serverノードのオーケストレーションがサポートされます。これにより、LinuxノードとWindows Serverノードの混在するクラスタにおいて相互運用性が向上します。また、Windows Serverで「Docker Trusted Registry(DTR)」が初めてサポートされました。

変更されたインストール手順でより簡単に導入/更新

 Docker Enterprise 3.1は、長期サービスチャネル(Long-Term Servicing Channel、LTSC)の「Windows Server 2019」と、「Windows Server, version 1809」以降の半期チャネル(Semi-Annual Channel、SAC)に対応しています。

 以前のバージョンである「Docker Enterprise 3.0(Docker Engine 19.03.0〜19.03.5)」までは、PowerShell Galleryの「DockerMsftProvider」モジュールがインストール手順を簡素化してくれましたが、旧手順はDocker Enterprise 3.1には適用されません。

 Docker Enterprise 3.1の新規インストールおよび旧バージョンからのアップデートは、Mirantisが提供するインストール用PowerShellスクリプト「install.ps1」を実行するだけで完了します。PowerShellの実行ポリシーが「RemoteSigned」であれば、以下の2行のコマンドラインを実行するだけです(画面1)。

PS:\> Invoke-WebRequest -Uri https://get.mirantis.com/install.ps1 -o install.ps1
PS:\> .\install.ps1

画面1 画面1 Docker Enterprise 3.1は、Mirantisからダウンロードした「install.ps1」を実行するだけで、新規インストールやアップデートが簡単に完了する。以前の「DockerMsftProvider」モジュールは使用しない

Docker EnterpriseのライフサイクルとWindows Server 2016

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。