ニュース
» 2020年06月11日 17時30分 公開

VS CodeとGoチームの協力関係が発展:「Visual Studio Code」向け「Go」拡張機能のメンテナーがGoチームに変更

Microsoftの「Visual Studio Code」チームは、同エディタ向けの「Go」言語拡張機能について、メンテナーが新たにGoチームに変わったと発表した。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Microsoftでオープンソースのクロスプラットフォームエディタ「Visual Studio Code」(以下、VS Code)を担当するチームは2020年6月9日(米国時間)、VS Code向けの「Go」言語拡張機能について、メンテナーが新たにGoチームに変わったと発表した。

 VS CodeチームとGoチームはこの数年、Go拡張機能をはじめ、VS CodeのGoサポートの拡充に向けて密接に協力してきた。その過程で、Goチームがこの拡張機能のメンテナーとなり、「Go言語とともにこの拡張機能を進化させていくのに最も適任であることがはっきりした」と、VS Codeチームは述べている。

Go開発者の41%がVS Codeを利用

 Goはオープンソースのプログラミング言語で、「Linux」「macOS」「Windows」「Android」「iOS」などをサポートしている。2020年4月に発表されたGo開発者調査によると、Go開発者の41%は、メインのコードエディタとしてVS Codeを使っている。

 「GoチームとVS Codeチームは、GoコミュニティーにとってのVS Codeの重要性を認識しており、Go開発者のためのオープンツールエコシステムを強く信頼している」と、VS Codeチームは述べている。

 VS Code向けGo拡張機能がGoプロジェクトに加わった後も、VS Codeチームは他のGoプロジェクトやGoコミュニティーとの協力を継続し、全てのGoユーザーに優れたエクスペリエンスを提供していくとしている。

今後はどうなる

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。