ニュース
» 2020年06月16日 15時23分 公開

日本マイクロソフトとFIXERが説明:「de:code 2020」の仮想イベント基盤は新たに開発したものだった

日本マイクロソフトは6月17日から開発者イベント「de:code 2020」を開催するが、このイベントで使われるバーチャルイベント基盤は、新たに開発したものだという。日本マイクロソフトとFIXERが、この基盤について説明した。

[三木泉,@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 日本マイクロソフトは2020年6月16日、6月17日より開催する開発者イベント「de:code 2020」に関連して、新規開発したバーチャルイベント空間について説明した。例年2000人規模のリアルイベントとして開催してきたde:codeは、新型コロナ禍の関係でオンラインに移行。6月16日時点では1万4000人弱が参加者として登録しているという。

 新たに開発したバーチャルイベントプラットフォームでは、参加者が3次元と2次元のユーザーインタフェースを選択できる。3次元ではアバターを使って展示会や講演に参加できる。展示会エリアではスポンサー企業のブースを訪れて、動画を見たり、ブース担当者と「Microsoft Teams」でコミュニケーションしたりできるという。一方、セッションエリアでは、あたかも講演会場にいるような感覚で講演を視聴できる他、一般的なウェビナーのように、全画面表示することも可能。

セッションエリアでは、会場にいるような感覚で講演を視聴することもできる
t展示会エリアでは、ブースに立ち寄って資料を見たり、コミュニケーションをとったりできる
今回のバーチャルイベント基盤が提供する機能

 では、なぜイベントプラットフォームを新規開発することになったのか。de:codeをオンラインへ移行するのに伴い、日本マイクロソフトでは、Microsoft Azure上での稼働を大前提として国内外のバーチャルイベントプラットフォームを検討した。だが、ビジネス向けの、ウェビナー基盤を超えるようなものが見つからなかったという。そこで国内パートナーに打診したところ、FIXERが名乗りを上げたという。FIXERは総勢数十名の開発者がリモートでつながりながら、1.5〜2カ月でこの基盤を開発したという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。