ニュース
» 2020年06月23日 14時20分 公開

Linuxカーネルの自動更新も:Microsoft、Windows 10 Insiderビルドの「WSL」でGPUコンピューティングをサポート

Microsoftは新たにリリースした「Windows 10 Insider Preview Build 20150」において、「Windows Subsystem for Linux」(WSL)に3つの改良を加えた。

[@IT]

 Microsoftは2020年6月17日(米国時間)、新たにリリースした「Windows 10 Insider Preview Build 20150」において、「Windows Subsystem for Linux」(WSL)に3つの改良を加えたことを明らかにした。

 同社によると、このプレビュービルドのWSLでは、LinuxバイナリがGPUを利用できるGPUコンピューティング機能がサポートされ、機械学習/AI開発やデータサイエンスのワークフローを直接実行できるようになった。また、「wsl --install」コマンドの追加により、シングルコマンドでWSLをインストールできるようになった。さらに、「wsl --update」コマンドも追加され、WSL 2ディストリビューションで使われるLinuxカーネルのバージョンを簡単に管理することも可能になった。

 この3つの改良の概要は以下の通り。

GPUコンピューティングサポート

 GPUコンピューティングのサポートは、WSLに関する最も要望の高い機能だった。GPUコンピューティングサポートには、NVIDIAの「CUDA」のサポートと、Microsoftの低レベルAPI「DirectML」のサポートが含まれる。

 Microsoftは「CUDAサポートは、データサイエンティストがローカルWindowsマシンを使って、インナーループの(ローカルマシン単独での)開発と実験を行うのに役立つ。またDirectMLのサポートにより、学生や初心者は、AMD、Intel、NVIDIA GPUベースの幅広いWindowsハードウェアで、ハードウェアアクセラレーテッドトレーニングを利用できる」としている。

WSLにおけるGPUコンピューティング(出典:Microsoft)

 こうした機能を試すには、Windows 10 Insider Preview Build 20150をインストールしてWSL 2ディストリビューションをインストールし、Linuxカーネルが最新であることを確認して適切なGPUドライバをインストールする必要がある。

WSLのインストール

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。