ニュース
» 2020年06月25日 08時39分 公開

Cloud Foundry Summitで発表:Cloud Foundryで新CLIが発表、ローリングアップデートを1コマンドで実行

Cloud Foundryで新たなCLI、「cf CLI v7」が発表された。cf CLI v7では、アプリケーションのローリングアップデートを1コマンドで実行できる機能や、アプリケーションのデプロイを構成するステップをきめ細かく制御できる機能などを追加した。

[三木泉,@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Cloud Foundry Foundation(CFF)は2020年6月24日(米国時間)、オンライン開催したCloud Foundry Summitで、新たなCLI(Command Line Interface)、「cf CLI v7」を発表した。cf CLI v7では、アプリケーションのローリングアップデートを1コマンドで実行できるコマンドなどを追加した。

 「今回のリリースでは、高度な開発/デプロイメントテクニックを容易に適用できるようにすることに注力した。また、これらの技術をより細かく制御できるようになった」と発表ブログポストは総括している。

1コマンドでローリングアップデート

 ゼロダウンタイムでのアプリケーションのローリングアップデートは、これまでCloud Foundryでは複数のコマンドを組み合わせることで実行できたが、複雑で、問題が発生した場合の復旧も困難だったという。

 そこでcf CLI v7では、“cf push” に“--strategy rolling”というフラグを付けることで、1コマンドによる実行を可能にしたという。このフラグは“cf restart”“cf restage”でも使えることになるという。

“cf push”のサブステップコマンドできめ細かな制御を実現

 Cloud Foundryの“cf push”では、アプリケーションのデプロイが1コマンドでできる。だがその裏では、多数のコマンドが発行されていると、ブログポストは説明した。具体的には「コードをシステムにアップロード」「必要なランタイムとミドルウェアを検出し、インストール」「アプリを依存性と共にパッケージし、コンテナ化」「ルートあるいはURLを設定」「負荷分散を登録」「SSL終端を設定」「監視/ロギングサブシステムを作成」「適切なインスタンス数を用い、健全な状態でアプリを起動」「指定されたサービスをバインド」を実行しているという。

 cf CLI v7ではcf push”の裏で実行されているコマンドの一部を指定実行できるサブステップコマンドを追加した。これにより、アプリケーションのデプロイを、きめ細かく制御できるようになったという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。