ニュース
» 2020年06月29日 08時00分 公開

SaaS型セキュリティ製品への需要が高い:IDCが国内情報セキュリティ製品市場を予測 2024年は3672億円に拡大

IDC Japanは、国内情報セキュリティ市場の、2019年の実績と2020〜2024年の予測を発表した。2024年のセキュリティ製品市場は、2019年の3328億円から3672億円に拡大する見込み。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 IDC Japanは2020年6月24日、国内情報セキュリティ市場について、2019年の実績と2020〜2024年の予測を発表した。

 IDCは、セキュリティ市場を「セキュリティ製品市場」と「セキュリティサービス市場」の2つのセグメントに分類している。セキュリティ製品市場には「セキュリティソフトウェア市場」と「セキュリティアプライアンス市場」が含まれており、セキュリティサービス市場にはコンサルティングやシステム構築、運用管理、教育、トレーニングサービスなどが含まれている。

SaaS型セキュリティソフトウェア製品への需要が高い

 2019年のセキュリティ製品市場は、対前年比で5.6%成長。セキュリティ製品を中心に需要が拡大した。特にクラウドサービスの対策としてSaaS(Software as a Service)型セキュリティ製品への需要が高く、2019年は対前年比で16.7%成長している。

 これは、ランサムウェア(身代金要求型マルウェア)の攻撃や、悪意のあるアプリケーションを使わない「ファイルレスマルウェア」攻撃、ウイルスへの感染を狙う攻撃メール(標的型メール攻撃)といった高度なサイバー攻撃が増加したことが要因だ。

画像 2017年〜2024年の国内情報セキュリティ製品市場の製品セグメント別売上額予測(出典:IDC Japan

 IDCは2019〜2024年の年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)を2.0%と見込んでおり、市場規模は3328億円から3672億円に拡大すると予測する。

 内訳は、セキュリティソフトウェア市場のCAGRが2.5%で、市場規模は2773億円から3134億円に拡大。セキュリティアプライアンス市場のCAGRはマイナス0.6%で、市場規模は555億円から538億円に縮小するとしている。

高度な専門知識を必要とするセキュリティサービスのニーズが高い

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。