ニュース
» 2020年06月30日 08時00分 公開

「機械学習のベストプラクティスを組み込む」:The Linux Foundation、機械学習向けプラットフォーム「MLflow」をプロジェクトに追加

The Linux Foundationは「MLflow」を新たにLinux Foundationプロジェクトに加えた。MLflowは、Databricksが開発した、特定の機械学習フレームワークや言語に依存しない機械学習向けプラットフォーム。機械学習の開発ライフサイクルを管理する。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 The Linux Foundation Japanは2020年6月29日、「MLflow」を新たにLinux Foundationプロジェクトに加えると発表した。

 MLflowは、Databricksが開発した機械学習向けプラットフォーム。第三者でも再現可能な実行用コードのパッケージ化や、機械学習モデルの共有、データの準備から本稼働環境への展開など機械学習の開発ライフサイクルを管理する。

画像 The Linux FoundationのWebページから引用

「機械学習のベストプラクティスを組み込む」

 Linux Foundationは次のように指摘する。

 「これまで機械学習の開発は、データサイエンティストや開発者にとって困難だった。従来のソフトウェア開発とは異なり、プログラムコード以外にデータセットや機械学習モデルのパラメーター、アルゴリズムのバージョンなども管理する必要があるからだ」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。