ニュース
» 2020年06月30日 18時30分 公開

NICT開発のDISAANAとD-SUMMがベース:Twitterの投稿から災害情報を解析、NEC「高度自然言語処理プラットフォーム」販売開始

NECはTwitter上の災害に関する情報をリアルタイムで解析し可視化する「高度自然言語処理プラットフォーム」の販売を開始した。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 NECは2020年6月26日、Twitterに投稿された災害に関するつぶやきをリアルタイムで解析し可視化する「高度自然言語処理プラットフォーム」の販売を開始した。

 同社は、国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)が開発した「対災害SNS情報分析システムDISAANA」と「災害状況要約システムD-SUMM」を基として同製品を開発した。

 同製品は、Twitterに投稿された被災状況や避難場所の情報をリアルタイムで収集、解析し、地域の被害状況把握や危機対応に必要な情報を可視化する。自治体や企業などで発生する情報収集や整理作業の省力化、有事の際の状況判断、意思決定の支援などを目的としている。

高度自然言語処理プラットフォームの使用イメージ(出典:NEC) 高度自然言語処理プラットフォームの使用イメージ(出典:NEC)

Twitterに投稿された情報の正確さは自動で判断

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。