ニュース
» 2020年07月02日 08時00分 公開

2024年の市場規模は5630億円:新型コロナウイルス感染症の影響は? IDCが国内エンタープライズアプリケーション市場予測を発表

IDC Japanは、国内エンタープライズアプリケーション市場予測を発表した。2019年の市場規模は、対前年比2.6%増の5425億8300万円。2019〜2024年の年間平均成長率は0.7%で、2024年の市場規模は5630億6900万円の見込み。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 IDC Japanは2020年6月30日、国内エンタープライズアプリケーション市場予測を発表した。2019年の市場規模は、対前年比2.6%増の5425億8300万円。2019〜2024年の年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)は0.7%で、2024年の市場規模は5630億6900万円の見込みだ。

画像 2019年〜2024年の国内エンタープライズアプリケーション市場予測(出典:IDC

COVID-19の影響を強く受ける製造業

 2019年は製造業でのデジタルトランスフォーメーション(DX)推進などによってPLM(Product Life-cycle Management)アプリケーションが引き続き市場をけん引した。IDCは「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響は同市場にも及んでいる。2020年以降は成長が鈍化するだろう」と予測する。

 IDCは、エンタープライズアプリケーション市場を、ERM(Enterprise Resource Management:企業リソース管理)、SCM(Supply Chain Management)、PLMのという3つに分類している。各分野の市場予測は以下の通り。

ERMアプリケーションの市場規模

 2019年のERMアプリケーションの市場規模は、対前年比0.3%増の2156億9600万円。EPM(Enterprise Performance Management)による経営指標の可視化需要や、EAM(Enterprise Asset Management)を活用したアセット管理が好調だった。2020年以降は、COVID-19の影響を受けるものの「2025年の崖問題」対策が進むと見られ、EPMと人事管理/給与計算関連アプリケーションは堅調に成長するとIDCは予測する。2019〜2024年のCAGRは0.4%で、2024年の市場規模は2198億4900万円の見込み。

SCMアプリケーションの市場規模

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。