ニュース
» 2020年07月10日 16時00分 公開

PHR分野の標準化を図る:日本マイクロソフトとTIS Azure利用のヘルスケアサービス実装テンプレートを提供開始

日本マイクロソフトとTISはPHR分野において連携することを発表した。Azureを利用したヘルスケアサービス実装テンプレート「ヘルスケアリファレンスアーキテクチャー」を提供し、PHR分野の標準化を図る。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 日本マイクロソフトとTISは2020年7月8日、PHR(パーソナルヘルスレコード)分野において連携し、「ヘルスケアデータリファレンスアーキテクチャー」を無料で提供すると発表した。

 PHRとは、健康診断の結果や服薬履歴などの健康に関する情報の記録のことだ。これを電子化し継続的に記録することで、健康増進だけでなく、得られたデータを基にした研究などの2次利用、災害時の情報逸失の防止などが期待できる。

 民間企業からは歩数やバイタルを取得するスマートウォッチや、栄養管理を行うスマートフォンアプリなど、PHRに関するさまざまな製品が登場している。こうした背景を受け、行政においてもPHR活用促進の動きは高まっており、厚生労働大臣を本部長とするデータヘルス改革推進本部の下、2019年から「国民の健康づくりに向けたPHRの推進に関する検討会」を設置するなど、PHR普及に向けて議論している。

日本マイクロソフト 業務執行役員 パブリックセクター事業本部 医療・製薬営業統括本部長 大山訓弘氏 日本マイクロソフト 業務執行役員 パブリックセクター事業本部 医療・製薬営業統括本部長 大山訓弘氏

 収集したヘルスケアデータの活用が進む一方、各データの管理はサービス事業者によってバラバラだ。日本マイクロソフト 業務執行役員 パブリックセクター事業本部 医療・製薬営業統括本部長の大山訓弘氏は同日行われた会見の場でこう述べた。

 「ヘルスケアデータは国や医療機関、研究機関にとっても価値あるデータだが分散管理されているため、統合と分析が進んでいない。データ基盤という一歩踏み込んだところに課題があると認識した」

 データの統合と分析を進めるべく2社連携で開始するのが「ヘルスケアリファレンスアーキテクチャー」だ。

 ヘルスケアリファレンスアーキテクチャーは、「Microsoft Azure」を利用したヘルスケアサービス開発に必要なシステム共有部分を定型化したものだという。業務ファンクションマップ、アーキテクチャーマップ、GitHubで公開するサンプルプログラムの3つで構成されており、全て無料で利用可能だ。

TIS サービス事業統括本部 ヘルスケアビジネスユニット 執行役員 ジェネラルマネージャー 伊藤浩人氏 TIS サービス事業統括本部 ヘルスケアビジネスユニット 執行役員 ジェネラルマネージャー 伊藤浩人氏

 開発に当たり、TISのヘルスケア業界における知見が組み込まれているという。TISのサービス事業統括本部 ヘルスケアビジネスユニット 執行役員 ジェネラルマネージャーの伊藤浩人氏は「TISが開発した、PHRデータ管理に向けてIT基盤に求められる要件に対応したMicrosoft Azureベースのテンプレート『PHR POC テンプレート』を提供している」と話す。

ヘルスケアリファレンスアーキテクチャーのアーキテクチャーマップ。機能要件、システムの検証、データ構造の標準化実装、運用方法を確認できるという(出典:TIS) ヘルスケアリファレンスアーキテクチャーのアーキテクチャーマップ。機能要件、システムの検証、データ構造の標準化実装、運用方法を確認できるという(出典:TIS)

「PHR POCテンプレート」とは? Microsoft Azureで提供

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。