ニュース
» 2020年07月13日 17時45分 公開

「Oracle Dedicated Region Cloud@Customer」:日本オラクル、Oracle Cloudをオンプレミスで動かすサービスを国内発表、NRIが世界初の顧客

日本オラクルは2020年7月13日、Oracle Cloudの全機能を企業のデータセンターで運用できる新サービス、「Oracle Dedicated Region Cloud@Customer」の国内における提供開始を発表した。野村総合研究所が新サービスの世界初の顧客になったことも明らかにした。

[三木泉,@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 日本オラクルは2020年7月13日、「Oracle Cloud」の全機能を企業のデータセンターで運用できる新サービス、「Oracle Dedicated Region Cloud@Customer」の国内における提供開始を発表した。これは米Oracleが2020年7月9日(米国時間)にグローバルで発表したもの。日本オラクルは、野村総合研究所(NRI)が新サービスの世界初の顧客になったことも明らかにした。

 Oracle Dedicated Region Cloud@Customer(オラクル・デディケーテッド・リージョン・クラウド・アット・カスタマー)では、企業のデータセンターに設置されたケージ内に、日本オラクル側がハードウェア一式を持ち込んで設置し、この上で、「Oracle Autonomous Database」をはじめとした、Oracle Cloudの各種機能を提供する。ハードウェアおよびこの上のサービスは、全て日本オラクルが同社の責任において運用する。

 このハードウェア一式は、日本オラクルの資産として運用される。自社データセンター内にオラクルが設置したインフラは、Oracle Cloudの一リージョンとして見え、Oracle Cloudの管理コンソールを通じて管理できる。新サービスはあくまでもOracle Cloudのサービスをオンプレミスの「リージョン」で使えるようにしたものであるため、機能の追加や改善は、他のリージョンと同時に実施されるという。ただし、バージョンアップのタイミングについては、ユーザー側と事前に決めたルールに基づくとしている。セキュリティなどに関する内部統制についても、顧客とのすり合わせを行うという。

 Oracle Dedicated Region Cloud@Customerの利用料金は、最低で月額50万ドル。ユーザー企業は3年の利用をコミットすることになるという。この料金でのハードウェア構成を、日本オラクルは明らかにしていない。だが、「ユーザー企業のデータセンターで、パブリッククラウドと同等の価格性能比が得られる」と主張している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。