ニュース
» 2020年07月14日 08時00分 公開

生活習慣病の予防や改善のニーズが高まっている:生活習慣病リスクを6年先まで予測、東芝らが「疾病リスク予測AIサービス」を提供開始

東芝と東芝デジタルソリューションズは、SOMPOホールディングスと共同開発した疾病リスク予測AIサービスの提供を開始する。生活習慣病リスクを予測し、糖尿病発症については、6年先までのリスクを90%以上の精度で予測する。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 東芝と東芝デジタルソリューションズは2020年7月13日、SOMPOホールディングスと共同開発した「疾病リスク予測AIサービス」の提供を開始すると発表した。このサービスは、SOMPOひまわり生命保険が提供する「Linkx(リンククロス)健康トライ」の機能の一つとして採用されている。

約100万人分、最長8年間の健康診断データを学習

 疾病リスク予測AIは、東芝のAI(人工知能)やビッグデータ解析技術、大学などと共同研究してきたヘルスケアデータマイニング技術を応用して開発した。

 医療費の増大や企業における従業員の生産性低下などにつながることから、企業にとって生活習慣病の予防や改善の重要度が上がっており、生活習慣の改善や健康増進のために発症リスクを把握したいというニーズが高まっているという。

画像 健康トライ 生活習慣病リスク予測(出展:東芝デジタルソリューションズ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。