ニュース
» 2020年07月14日 15時45分 公開

プロフェッショナルサービスを提供開始:ソラコムがSIM契約の「コンテナ化」などを発表、ソリューション指向を強める

ソラコムは2020年7月14日、年次イベント「SORACOM Discovery 2020 ONLINE」で「プロフェッショナルサービス」「エンジアリングサービス」を発表した。これらを通じて顧客のIoTソリューション構築への直接的な支援を進める。また、「SIMのコンテナ化」など多数の新機能を発表した。

[三木泉,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 IoTプラットフォームを展開するソラコムは、当初からユースケースを重視してきたが、さらにソリューション指向を強めている。

 ソラコムは2020年7月14日、年次イベント「SORACOM Discovery 2020 ONLINE」に合わせて「プロフェッショナルサービス」「エンジアリングサービス」を発表した。これらを通じて顧客のIoTソリューション構築への直接的な支援を進める。また、「SIMのコンテナ化」など多数の新機能を発表したが、大部分は大規模顧客が既に存在している点が注目される。

 ソラコムは「SORACOMプロフェッショナルサービス」を2020年7月14日に提供開始した。顧客のIoTプロジェクトに対し、技術的なアドバイスにとどまらず、CTO(最高技術責任者)に近い立場で参画するという。「要件整理」「PoC(概念実証)実施計画策定」「商用展開に向けた開発計画策定」「パートナー/デバイス選定」といったフェーズで、ソラコムのコンサルタントが支援する。同サービスは、先行的に日本瓦斯(ニチガス)、三菱重工、ユーシーシー上島珈琲などの企業へ提供している。

 ニチガスでは、スマートメーターの開発に初期段階から関わったという。実装では大部分でSigfox通信を利用する仕様としているが、良好な通信環境が得られないケースを補完するため、LTE-Mを利用する別バージョンも開発した。特定の通信技術に依存しないソラコムの特徴を生かせたと、ソラコム 執行役員 プリンシパルソフトウェアエンジニアの片山暁雄氏は話した。

 関連して、ソラコムは「0Gセンシング」活用支援のための「SORACOMエンジニアリングサービス」を提供開始した。0Gセンシングとは、ニチガスのスマートメーターのように、常時給電を必要とせず、データ通信も低容量で済むセンシング/トラッキングの用途を意味する。こうした用途ではSigfoxのようなLPWAN(Low-Power Wide-Area Network)通信技術が適している。だが、デバイス設計が難しいという。

ニチガスでは、Sigfoxを使うスマートメーターに加え、LTE-M版も開発した

 そこで新サービスでは、「デバイス設計」「SORACOMプラットフォームへの処理のオフロード」「複数の通信規格の使い分け、混在する場合のシステム設計」といった点で、ソラコムのコンサルタントが支援するという。

SIMをコンテナ化したサービス、「サブスクリプションコンテナ」とは

 新機能で最も注目されるのは、グローバル接続の選択肢を増やす「サブスクリプションコンテナ」。ソラコムの大規模ユーザーであるソースネクストは、「ポケトーク」でこの機能を2019年から検証しており、最新機種の「ポケトークS」で採用したという。

 サブスクリプションコンテナはSIMチップの内部で、ソラコムによるセルラーサービスの通信契約(「サブスクリプション」と呼んでいる)を複数共存できるようにしたもの。これらをエリアに応じて自動的に使い分け、利用料金の低減やSIM利用の最適化が図れるという。同社のSIM(組み込み型SIMを含む)で利用できる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。