ニュース
» 2020年07月15日 08時00分 公開

オンラインで診療と服薬指導、ドローンで薬を配送:診療や服薬に関する指導や配送時の感染リスクを低減 経済産業省北海道経済産業局が非対面医療の実証実験

経済産業省北海道経済産業局は、非対面医療の実証実験を実施する。オンライン診療後に、オンラインで服薬指導を行い、処方箋医薬品をドローンで配送する。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 経済産業省北海道経済産業局は2020年7月10日、非対面医療の実証実験を実施すると発表した。医薬品や日用品などの恒常的な配送体制維持が困難となりつつある地域の課題解決と、新型コロナウイルス感染症(COVID‐19)がまん延している中での診療や服薬に関する指導や配送時の感染リスクを低減することが目的。

オンラインで診療と服薬指導、薬はドローンで配送

 実証実験は「オンライン診療」「オンライン服薬指導」「ドローンによる処方箋医薬品配送」という一連の流れで実施する。経済産業省北海道経済産業局の他、旭川医科大学とANAホールディングス、アインホールディングスが、旭川市やエアロセンス、トッパン・フォームズ、特別養護老人ホームの緑が丘あさひ園、日通総合研究所と協力して実施する。

画像 実験に使うドローン(出展:経済産業省北海道経済産業局

 実証実験の実施日は2020年7月19日。実施場所は、旭川医科大学とアイン薬局の旭川医大店、緑が丘あさひ園。実証実験の内容は次の通り。

画像 配送ルート(出展:経済産業省北海道経済産業局

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。