ニュース
» 2020年07月21日 08時00分 公開

テレワーク環境整備に投資:2020年度のIT投資は「減額なし」が約8割 ヴイエムウェアがIT予算の傾向やDXに関する調査

ヴイエムウェアは、情報システムなどIT予算の傾向や投資分野、DXに関するアンケートの結果を発表した。IT予算を優先的に投資する分野は「オンライン会議・コラボレーションツール」と回答した割合が最も高かった。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 ヴイエムウェアは2020年7月20日、国内企業の経営者や役員を対象に実施した、情報システムなどのIT予算の傾向や投資分野、「デジタルトランスフォーメーション」(DX)に関するアンケートの結果を発表した。

2020年度のIT投資は「減額なし」が約8割

 新型コロナ感染症(COVID-19)への対応を踏まえた2020年度のIT予算について聞いたところ、「変化なし」と回答した割合は52.9%、「増額する」と回答したのは29.6%だった。優先的に投資する分野については、「オンライン会議(Web会議)・コラボレーションツール」と回答した割合が最も高く23.8%、次いで「テレワーク関連(PC、デバイス、VDI《仮想デスクトップインフラストラクチャ》、モビリティ管理など)」の14.9%だった。

画像 COVID-19への対応を踏まえた、2020年度のIT投資分野(出展:ヴイエムウェア

 テレワーク導入前に感じた課題については、「テレワークを実施するためのITツールの選定と導入検討」と回答した割合が最も高く57.6%(複数回答、以下同)。次いで、「従業員の勤怠管理」が46.1%。これに対して導入後に感じた課題は「従業員間のコミュニケーション」(38.7%、複数回答)が最も多く、「営業機会の損失」(47.9%)、「勤怠管理」(38.7%)と続いた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。