ニュース
» 2020年07月22日 17時00分 公開

AIで脅威検知、世界76カ国で展開:Vade Secure、「Microsoft 365」対応のメールセキュリティ製品を日本で展開

Vade Secure(ヴェイド セキュア)は、「Microsoft 365」で利用可能なメールセキュリティ製品「Vade Secure for Microsoft 365」を、日本国内で展開する。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 フランスに本社を置くVade Secure(ヴェイド セキュア)は2020年7月16日、「Microsoft 365」に対応したメールセキュリティ製品「Vade Secure for Microsoft 365」を日本国内で本格的に展開すると発表した。記者会見には、同社CEOのジョルジュ・ロティジェル氏と日本法人でカントリーマネージャーの伊藤利昭氏が登壇した。

Vade Secure カントリーマネージャー 伊藤利昭氏 Vade Secure カントリーマネージャー 伊藤利昭氏

 Microsoft 365でセキュリティ対策を講じるメリットと重要性について、伊藤氏は「Microsoft 365は、全世界でおよそ2億5千万ものユーザーが利用しており、エントリーポイント1つでMicrosoft 365のサービス全体にアクセスできる。加えて、一度侵入されると正常動作と判断してしまうため、脅威を見過ごしてしまう」と訴えた。

 Microsoft 365には、標準のメールセキュリティとして「Exchange Online Protection(EOP)」が搭載されている。しかし、伊藤氏によると、それだけでは防ぎ切れない脅威が存在するという。

 「EOPは、既知のスパムや、マルウェア、フィッシング、スピアフィッシングの脅威を防御する。しかし、次々と形を変えながら短時間で波状的に攻撃を仕掛ける、グレーメール、未知のスパム、さまざまな手法でコードを変えるポリモフィック型マルウェアといった新しい攻撃手法には対応できないのが現状だ」(伊藤氏)

AIで脅威を検知

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。