ニュース
» 2020年07月27日 08時00分 公開

感染症対策など、入室できる人数が限られたときにも手術が可能に:商用5GとIoTを活用した遠隔手術の実証実験 東京女子医大とNTTドコモが実施

東京女子医科大学とNTTドコモは、商用5Gを活用した遠隔手術支援システムの実証実験を実施する。IoTを活用したスマート治療室で執刀中の高精細映像を、遠隔地にいる専門医にリアルタイムで送信する。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 東京女子医科大学とNTTドコモは2020年7月21日、商用第5世代移動通信方式(商用5G)とスマート治療室「SCOT」(Smart Cyber Operating Theater)を活用した遠隔手術支援システムの実証実験を同年10月に実施すると発表した。

画像 スマート手術室での脳外科手術イメージ(出展:東京女子医大

IoTと5Gを使い、高精細な手術映像といった大容量データの双方向通信を検証

 実証実験では、手術の進行や患者の状況を統合把握する仕組み「戦略デスク」と東京女子医大にあるSCOTを、商用5Gとドコモのクラウドサービス「ドコモオープンイノベーションクラウド」で連携させ、SCOTによる脳外科手術を執刀中の手元映像や4K外視鏡の高精細映像を、戦略デスクにリアルタイムで送信する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。