ニュース
» 2020年07月28日 08時00分 公開

「この部品、あそこに並べといて」:目標を達成するための作業手順をロボットが自動で学習 ティーチング作業の自動化AIをNECが開発

NECは、目標を設定するだけで、ロボットが自動的に作業を完遂するAI技術を開発した。「部品AをトレイBに整列」というように部品と仕分け先の対応関係を指定すると、自動的に部品を仕分けるという。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 NECは2020年7月27日、ティーチング作業を自動化するAI(人工知能)技術「目標指向タスクプランニング」を開発したと発表した。

画像 目標指向タスクプランニングの効果(出展:NEC

 ここでいうティーチング作業とは、産業用ロボットに実行させる一連の「作業手順の設計」と、作業手順に沿ってロボットを動作させる「制御命令の作成」のこと。目標指向タスクプランニングを使うと、作業目標を指示するだけでロボットがカメラなどを使って周囲の状況を把握し、最適な動作で作業を実施する。例えば「部品AをトレイBに整列」というように部品と仕分け先の対応関係を指定すると、部品を整列させる動作を細かく指定しなくても自動的に部品を仕分けるといった具合だ。

「途中で作業内容が変わる現場」でもロボットの活用が可能に

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

編集部からのお知らせ

8月8日10時30分〜16時30分の間、システムメンテナンスのため記事の一部表示や資料のダウンロードができなくなります。ご理解のほどよろしくお願いいたします。

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。