ニュース
» 2020年07月28日 12時00分 公開

「June 2020」リリース:Visual Studio Code、「HexEditor拡張」「GitHub Issue Notebooks拡張」リモート開発など機能追加

Microsoftは、クロスプラットフォームエディタ「Visual Studio Code」の最新版「June 2020」リリース(バージョン1.47)を公開した。HexEditor拡張、GitHub Issue Notebooks拡張、リモート開発などの機能が強化されている。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Microsoftは2020年7月9日(米国時間)、「Windows」「Linux」「macOS」に対応するクロスプラットフォームのエディタ「Visual Studio Code」(以下、VS Code)の最新版「June 2020」リリース(バージョン1.47)を公開した。

 VS Codeのバージョン1.47では、ソース管理、「HexEditor」拡張、「GitHub Issue Notebooks」拡張、リモート開発、デバッグ、アクセシビリティーなどについて機能の追加、改善を行った。

「ソース管理」ビューがシングルビューに集約

 「ソース管理」ビューがシングルビューに集約された。全てのリポジトリがシングルビューにレンダリングされるようになり、ワークスペース全体の状態の概要を把握しやすくなった。また、ソース管理ビューをパネルに、他のビューをソース管理ビューコンテナに移動できるようになった。

シングルビューによるソース管理(出典:Microsoft)

 ソース管理ビューでリストビューを使うときに、名前やパス(デフォルト)、状態を基準に変更点をソートできるようになった。表示オプション(リスト/ツリー)とソートオプションが、コンテキストメニューで「View & Sort」という新しいメニュー項目にまとめられた。

ソース管理における表示とソート(出典:Microsoft)

「設定」エディタによるオブジェクト設定の編集

 これまで「設定」エディタは、文字列やブール値のようなプリミティブなタイプの設定を編集するためにしか使えず、複雑なタイプの設定を変更するには、「settings.json」を直接編集する必要があった。

従来の設定エディタでのオブジェクト設定(出典:Microsoft)
JSONエディタでのオブジェクト設定(出典:Microsoft)

 だが、VS Codeのバージョン1.47では、ネストされていないオブジェクト設定を設定エディタから編集できるようになった。拡張機能の作者はこの機能を使って、こうした設定をより可視化できるという。

新しい設定エディタでのオブジェクト設定(出典:Microsoft)

HexEditor拡張の機能強化

 VS Codeで16進編集機能を提供するHexEditor拡張機能は、継続的に改良が行われている。

 VS Codeバージョン1.47での主な強化点には、シンプルな編集のサポート(取り消し、やり直し、既存16進数セルの編集、ドキュメント末尾への新しいセルの追加を可能にする)や、大規模ファイルの最適化などがある。この最適化により、これまでは不可能だった18MBを超えるファイルが開けるようになった。

HexEditor拡張機能を使った編集(出典:Microsoft)

GitHub Issue Notebooks拡張機能の改良

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。