ニュース
» 2020年07月29日 08時00分 公開

AI関連でいえば半数以上が深層学習に関する特許:出願数増加の要因は深層学習 特許庁が「AI関連特許出願件数」の調査結果を発表

特許庁は、AI関連特許出願件数の調査結果を発表した。2018年のAI関連特許出願件数は4728件。AI関連出願が増加している最大の要因は深層学習で、2018年にはAI関連出願のうち機械学習関連が85%を占めた。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 特許庁は2020年7月27日、AI(人工知能)に関連する国内外での特許出願件数の調査結果を更新した。2020年4月までに新たに公開された出願データを反映させた。

2014年以降急増するAI関連特許

 国内のAI関連特許出願件数は、2013年までは毎年1000件前後で推移していたが、2014年以降に急増し、2017年は3065件、2018年は4728件に上る。その間、国内全体の特許出願件数は毎年微減で推移しているので、特許出願件数の変化率はAI関連だけが突出して増加している。

 AI関連特許出願件数の前回の山は、1991年をピークとした第2次AIブーム時。このときのAIは専門知識を基に動作するコンピュータシステムである「エキスパートシステム」が主流だった。これに対して2014年以降は、ニューラルネットワークを含む機械学習が中心で、第3次AIブームと呼ばれる。2018年には、AI関連出願のうち機械学習関連が85%を占めるほどに増えている。

AI出願数増加の要因は深層学習

 機械学習技術の中でも深層学習(ディープラーニング)技術の出願状況の推移を見ると、深層学習が、AI関連出願が増加している最大の要因であることが分かる。2013年にはAI関連出願総数の963件中深層学習関連が18件(1.9%)だったものが、2014年は1084件中53件(4.9%)、2016年は1858件中567件(30.5%)、2018年は4728件中2474件(52.3%)と急増した。

画像 深層学習に言及するAI関連発明の国内特許出願件数の推移(出展:特許庁

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。