ニュース
» 2020年07月30日 14時00分 公開

新しい言語サーバ「Pylance」や「Gather」拡張機能をサポート:Microsoft、「Visual Studio Code」向けPython拡張機能の「July 2020」リリースを公開

Microsoftは、「Visual Studio Code」向けPython拡張機能の「July 2020」リリースを公開した。15件の機能強化、27件の問題修正などが行われている。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Microsoftは2020年7月16日(米国時間)、コードエディタ「Visual Studio Code」(以下、VS Code)向けPython拡張機能の「July 2020」リリースを公開したと発表した。

 Python拡張機能は、Visual Studio Marketplaceからダウンロードするか、Visual Studio Codeの拡張機能ギャラリーから直接インストールできる。Python拡張機能をインストール済みの場合は、Python拡張機能ビューでVS Codeを再起動することで、July 2020リリースに移行できる。

 July 2020リリースでは、15件の機能強化、27件の問題修正、15件のコード改善が行われた。主な強化点は、新しい言語サーバ「Pylance」のサポート、新しい実験的な拡張機能「Gather」のサポート、ノートブックのHTMLやPDFへのエクスポート、リバース接続によるリモートデバッガセッションの簡単な開始だ。以下ではこれらの概要を紹介する。

新しい言語サーバ「Pylance」のサポート

 2020年6月末に発表されたVS Code向け拡張機能であるPylanceは、Microsoftの静的型チェックツール「Pyright」をベースにした言語サーバだ。自動インポート、デッドコード検出、パラメーター情報の提供、マルチルートワークスペースのサポート、コンテキストハイライトなど、Pythonコード作成を支援する多くの機能を提供する。

 自動インポート(出典:Microsoft) 自動インポート(出典:Microsoft、クリックで再生)
 特定のファイルでシンボルが使われている場所を素早く特定できるコンテキストハイライト(出典:Microsoft) 特定のファイルでシンボルが使われている場所を素早く特定できるコンテキストハイライト(出典:Microsoft、クリックで再生)

 PylanceはPyrightの機能を全て含んでおり、Microsoftは、Pyright拡張機能をインストール済みのユーザーに、アンインストールしてPylance拡張機能をインストールするよう勧めている。

 Pylanceは従来の言語サーバ「Microsoft Python Language Server」と比べて、VS CodeでのPython IntelliSense機能が大幅に向上している。Microsoftは将来的に、Python拡張機能でのMicrosoft Python Language Serverのサポートを終了する計画であり、この言語サーバのユーザーにPylanceを試すよう勧めている。

新しい実験的な拡張機能「Gather」のサポート

 Gatherは、ノートブック内で必要なコード依存関係を分析、判定し、コードのクリーンアップを行うことで、面倒で時間のかかる作業を自動化する。Microsoftはこの実験的な拡張機能の精度向上に向けて、コミュニティーにフィードバックを募っている。

 Gatherが機能する様子(出典:Microsoft) Gatherが機能する様子(出典:Microsoft、クリックで再生)
Gatherの使用前、使用後のコード比較(出典:Microsoft) Gatherの使用前、使用後のコード比較(出典:Microsoft

ノートブックのHTMLやPDFへのエクスポート

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。