ニュース
» 2020年07月31日 08時00分 公開

「ITツールをどのくらい使えるか」の重要度が上昇:アドビが「新卒採用で企業が重視するスキル」の調査結果を発表

アドビの「新卒採用で企業が重視するスキル」に関する調査によると、2020年は2018年に比べて「デジタルリテラシー(ITツールを使いこなす能力)」の重要度が上昇している。最も重要視されているのは2018年と同様オフィスソフトだが、プログラミングや動画編集、写真加工といったクリエイティブ系スキルの重要度が増しているという。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 アドビは2020年7月29日、国内企業の人事担当者500人を対象に実施した「新卒採用で企業が重視するスキル」に関する調査の結果を発表した。企業が学生の「創造的問題解決能力」をどの程度重視しているかを調べたもので、2018年に続いて2回目となる。

 ここでいう創造的問題解決能力とは、「創造性に富んだ革新的な方法で問題や課題を解決する能力」のこと。アドビはこの能力を6つのスキル「課題発見能力」「課題解決方法の発想力/着想力」「情報分析能力」「デジタルリテラシー(ITツールを使いこなす能力)」「クリエイティビティ/創造性」「プレゼンテーションスキル」に分け、それぞれの重要度について調査した。

「ITツールをどのくらい使えるか」の重要度が上がっている

 新卒採用時に特に重視するスキルは「課題解決方法の発想力/着想力」(81.6%。複数回答、以下同)が最も高く、次いで「課題発見能力」(70.8%)、「情報分析能力」(48.0%)が続いた。これらの順位は前回調査と同じだが、重要度が低下している。これに対して「デジタルリテラシー(ITツールを使いこなす能力)」の重要度は前回調査から3.7ポイント上昇し、21.6%だった。

画像 新卒採用で重要度が高いスキル(出展:アドビ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。