ニュース
» 2020年08月06日 12時00分 公開

東京データセンターを開設:F5がクレデンシャル詐欺対策のShapeを追加し、アプリケーションセキュリティクラウドの国内提供を本格化

F5ネットワークスがアプリケーションセキュリティ製品群「F5 Silverline」で東京のデータセンターの運用を開始し、さらにクレデンシャル詐欺対策の「F5 Silverline Shape Defense」を追加した。これにより、Silverlineの国内提供を本格化する。

[三木泉,@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 F5ネットワークスは2020年8月5日、同社のクラウド型アプリケーションセキュリティ製品群「F5 Silverline」の強化を発表した。2020年8月に東京のデータセンターでの運用を開始。またクレデンシャル詐欺対策の「F5 Silverline Shape Defense」を新たに提供開始する。

 SilverlineはF5がクラウドサービスとして提供するアプリケーションセキュリティ製品群の総称。日本では2015年から販売を開始し、DDoS(Distributed Denial of Service)対策の「F5 Silverline DDoS Protection」と、WAF(Web Application Firewall)の「F5 Silverline Web Application Firewall」を提供してきた。だが、国内向けのサービスはこれまで国外のデータセンターから提供していたという。

 今回の東京データセンター開設により、国内顧客はより少ない遅延で、Silverlineのアプリケーションセキュリティ機能を利用できるようになる。

 F5はまた、クレデンシャル詐欺対策サービスのShape DefenseをSilverlineに追加する。これにより、DDoS、Webアプリケーションに対する一般的な攻撃、botによる攻撃と、アプリケーションセキュリティを幅広くカバーできるとしている。

Shape Defenseの保護機能

 Shape Defenseは、「クレデンシャルスタッフィング攻撃」とも呼ばれる、流出した認証情報を活用した不正アクセスを防ぐサービス。Webブラウザのチェックやユーザーの操作/振る舞い、通信情報など、数百種類のシグナルに基づき、攻撃を検知する。これらのシグナルから、何らかの自動化が行われている可能性を検知し、「ただいまつながりにくくなっています」などの文言を表示してアクセスを拒否したり、追加認証を要求したりすることができる。

従来のShape Securityサービスとのすみ分けは?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。