ニュース
» 2020年08月07日 08時00分 公開

Googleと連携して「ショートカット」を提供:「PDFにテキストや電子サインを追加」がWebブラウザで可能に アドビが「.new」を提供開始

アドビは「Adobe Acrobat」や「Adobe Spark」用のショートカット「.new」の提供を始めた。WebブラウザでMicrosoft Officeドキュメントや画像ファイルをPDFファイルに変換したり、PDFファイルにテキストや電子サインを追加したりできる。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 アドビは2020年8月5日、Googleと連携して、「Adobe Acrobat」や「Adobe Spark」用のショートカット「.new」を提供開始すると発表した。Webブラウザのアドレスバーにショートカットのテキストを入力するとドキュメントや画像をPDFファイルに変換したり、PDFファイルにテキストや電子サインを追加したりするサービスが利用できる。Googleは「長いURLを覚えやすいショートカットに置き換えた」(Replace menus and long URLs with easy-to-remember shortcuts)としている。

 提供するのは「PDF.new」「Sign.new」「JPGtoPDF.new」「CompressPDF.new」「Create.new」の5種類。

画像 アドビのWebページから引用

アカウントを登録すれば入力フォームや電子サインの追加なども可能

 PDF.newは、「Microsoft Office」ファイルや画像ファイルなどをPDFファイルに変換するショートカット。Webブラウザのアドレスバーに「PDF.new」と入力しサービスを呼び出した後、ファイルをドラッグ&ドロップするとPDFファイルが作成できる。対応するファイル形式は「Microsoft Word」「Microsoft Excel」「Microsoft PowerPoint」「JPEG」「PNG」「TIFF」など。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。