ニュース
» 2020年08月14日 14時50分 公開

バージョン16.7を正式リリース:Visual Studio 2019、Git統合やAIによる入力補完、リモート開発などで多数の機能追加

Microsoftは「Visual Studio 2019 バージョン16.7」の一般提供を開始した。Git統合やIntelliSense、IntelliCode、リモート開発などにおいて、多くの機能を追加している。バージョン16.4以来の長期サービスリリースだ。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Microsoftは2020年8月5日(米国時間)、統合開発環境(IDE)の最新版「Visual Studio 2019 バージョン16.7」の一般提供を開始した。バージョン16.7はGit統合やIntelliSense、IntelliCode、リモート開発などにおいて、さまざまな機能追加が行われている。主な改良点は以下の通り。

Gitとの統合

「情報」バー

 マージエディタが「Team Foundation Version Control」から分離され、Gitに特化した。手動による解決が必要なマージ競合があると、ファイル画面の最上部に新しく設置された金色の「情報」バーが、それを知らせる。

マージエディタの情報バー(出典:Microsoft)

 情報バーをクリックすると、マージエディタが表示される。タイトルとキャプションで、取り込むブランチと現在のブランチの名前が明示され、競合するブランチが区別しやすい。さらに、一致する行がそろえられ、単語レベルの違いが表示され、表示可能な空白が唯一の違いである場合はそれが表示され、競合を解析しやすくなっている。競合に焦点を当てるために、競合していない相違点を無視することも可能だ。ファイルレベルの追加/追加の競合を、双方向のマージで解決することもできる。

Gitの競合の解決

 1回のクリックで、どちらか一方の全ての競合を解決するチェックボックスも追加されている。

マージエディタ(出典:Microsoft)

Gitリポジトリウィンドウ

 全画面を使ってGitアクティビティーに集中できる「Gitリポジトリウィンドウ」も新たに用意された。このウィンドウから、リポジトリのローカル、リモート、上流の全てのブランチを表示、管理できる。各ブランチを切り替え、それぞれの履歴グラフを表示することもできる。コミットをダブルクリックすると、コミットの詳細が表示される。

Gitリポジトリウィンドウ(出典:Microsoft)

.NET開発の生産性向上

IntelliSenseのアップデート

 DateTime/TimeSpan文字列リテラルにIntelliSenseの入力候補が用意された。DateTime/TimeSpan文字列リテラル内にカーソルを置き、[Ctrl]+[Space]キーを押すと、入力候補オプションと、各文字の意味についての説明が表示される。日時形式と例の両方が提供される。

DateTime/TimeSpan文字列リテラルでのIntelliSenseの入力候補(出典:Microsoft)

IntelliCode、AIによる引数の入力補完

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。