ニュース
» 2020年08月17日 08時00分 公開

「在宅勤務推奨を機に副業開始」は約3割:管理職で副業を開始している人も ランサーズが副業者のサービス利用状況を調査

ランサーズは「在宅勤務推奨時における副業・複業者のサービス利用状況調査」の結果を発表した。2020年2月以降に副業・複業を開始した人の割合は約3割だった。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 ランサーズは2020年8月14日、「在宅勤務推奨時における副業・複業者のサービス利用状況調査」の結果を発表した。同調査は、同社が運営している「Lancers」に、2020年7月31日現在登録している副業・複業者1490人を対象に実施した。

 調査によると、在宅勤務が推奨された2020年2月以降に副業・複業を開始した人が30.8%を占めていた。副業・複業を開始した理由は、「収入減少のため」と回答した割合が最も高く、14.5%。次いで「スキルアップのため」が9.2%、「1つの会社に頼る働き方に不安を覚えたから」が8.5%だった。ランサーズは、「将来の不安やコロナ禍で人生を見つめ直した結果、通勤時間の減少などで浮いた時間に副業・複業を開始した人が増えた」と推測している。

画像 2020年2月以降に副業を始めた理由(出展:ランサーズ

管理職で副業を開始している人も

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。