ニュース
» 2020年08月17日 16時15分 公開

コンピュータによる写真撮影やARエフェクト、ユーザビリティ向上などに利用可能:Google、虹彩追跡のための機械学習モデル「MediaPipe Iris」を公開

Googleは、虹彩の追跡によって目の位置の推定を正確に行うための機械学習モデル「MediaPipe Iris」を公開した。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Googleは2020年8月6日(米国時間)、虹彩の追跡によって目の位置の推定を正確に行うための新しい機械学習(ML)モデル「MediaPipe Iris」を公開したと発表した。

 虹彩の追跡による目の位置の推定は、コンピュータによる写真撮影や拡張現実(AR)エフェクトの提供など、幅広い用途に利用されている。

 MediaPipe Irisは、顔の大まかな形状のメッシュを生成する「MediaPipe Face Mesh」に関するGoogleの取り組みに基づいている。

MediaPipe Face Meshは、仮想アバターを動かすのに利用できる(中、右)。虹彩追跡も併せて利用すると(右)、アバターがもっと生き生きとする(出典:Google AI Blog

 1つのRGBカメラを使って虹彩や瞳、目の輪郭などをリアルタイムで追跡でき、特殊なハードウェアは不要だ。虹彩の追跡により、深度センサーを使うことなくカメラと対象の計測距離を10%未満の相対誤差で判定できるという。

MediaPipe Irisによる目の色付け(出典:Google AI Blog

 MediaPipe Irisは、MLソリューションやアプリケーションを作成するためのオープンソースのクロスプラットフォームフレームワークである「MediaPipe」で実装されているため、ほとんどのスマートフォン、デスクトップPC、ノートPC、Webで動作するという。

 なお、「MediaPipe Irisによる虹彩追跡では、人が見ている場所の推測や、いかなる本人確認も行われない」とGoogleは述べている。

虹彩追跡のMLパイプライン

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。