Special
» 2020年08月18日 10時00分 公開

今選択すべき“クラウド発想のHCI”とは?:どこが違う? 何が違う? 最新HCI選択の見極め方

「ビジネスを支えるIT」が「新たなビジネス価値を創造するIT」へと変化している今、企業はITインフラをどう変革すべきなのか。その変革の中で、クラウドやハイパーコンバージドシステム(HCI)は、どのように企業を支えていくのだろうか。

[PR/@IT]
PR

 オンプレミスのITインフラ調達における、ハイパーコンバージドインフラ(HCI)の存在感が高まっている。以前は部署レベル、あるいは仮想デスクトップなどの特定用途で便利に使える、ITアプライアンスとしての導入がほとんどを占めていた。だが現在では、汎用(はんよう)的なサーバー仮想化基盤としての導入が広がってきている。

 つまり、社内のITインフラ全般を積極的にクラウド化していくためのツールとして、HCIを活用しようとする企業が増えているということだ。このため、パブリッククラウドへの移行とHCIの導入を同時に行っている企業もある。

 一方、HCI製品は出そろったかに見えていたが、実は「最後の大物」が残っていた。世界と日本における、x86サーバーの大手ベンダーと、HCI市場をけん引してきたソフトウェアベンダーとがタッグを組み、共同開発してきた製品を、日本市場に投入した。

 この製品にはソフトウェア/ハードウェアの両面で、多くの特徴があるという。では、HCIはどれもほぼ同じではないのだろうか。今回の製品は、他のHCIとどう異なるのだろうか。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:ニュータニックス・ジャパン合同会社 、日本ヒューレット・パッカード株式会社
アイティメディア営業企画/制作:@IT 編集部

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。