連載
» 2020年08月19日 05時00分 公開

山市良のうぃんどうず日記(186):Windows 10 May 2020 Update後のWindows Updateに“へん”化あり[その2]

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で停止されていたオプションの更新プログラム(通称、Cリリース、Dリリース)の提供が、2020年7月から少し形を変えて再開されました。Windows 10 May 2020 Updateにとっては初めてのオプションの更新プログラムとなったわけですが、ここにもWindows Updateの新たな改善が見つかりました。本当に改善といっていいのかどうかは読者の判断にお任せしますが、筆者の個人的な感想は……。

[山市良,テクニカルライター]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「山市良のうぃんどうず日記」のインデックス

山市良のうぃんどうず日記

C/Dリリースが“更新のプレビュー”として再開

 Microsoftはサポート中のWindowsおよび.NET Frameworkについて、毎月第2火曜日(米国時間)に“Bリリース”と呼ばれるセキュリティを含む累積更新プログラムを、その翌週か翌々週に“Cリリース”または“Dリリース”と呼ばれるオプションの累積更新プログラムをリリースしてきました。しかし、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大の影響で、2020年5月と6月はC/Dリリースの提供を停止していました。そして、7月から再開したわけですが、少し以前とは異なる形になります。

 C/Dリリースと呼ばれていたものは「更新プログラムのプレビュー」という名称に変更され、Cリリースのタイミングで「Cリリース」として提供されることになりました。翌週に提供がずれたとしても「Dリリース」という呼び方は使用されなくなるようです。また、対象は「Windows 10」のバージョン1809以降および「Windows Server 2019」で、それ以前のWindows 10、「Windows 8.1」「Windows 7 SP1」と「Windows Server 2016」以前には「更新プログラムのプレビュー」が提供されることはなくなります。

 2020年7月21日(米国時間)にはWindows 10 バージョン1809〜1909とWindows Server 2019に対し、Windowsおよび.NET Frameworkのそれぞれについて「更新プログラムのプレビュー」がリリースされました。「Windows 10 May 2020 Update(バージョン2004、OSビルド19041)」については、1週間以上間を開けて7月31日(米国時間)にリリースされました。

Windows 10 バージョン2004初の「更新プログラムのプレビュー」で明らかになった新機能?

 本連載第183回では、Windows 10 バージョン2004で変更されたWindows Updateの仕様や機能を紹介しましたが、提供が再開されたCリリース(更新プログラムのプレビュー)は、Windows 10 バージョン2004のこれまで多くのユーザーに知られていなかった、また別のWindows Updateの変更点を世に示すことになりました。

 画面1は、Windows 10 バージョン1909の「設定」アプリにある「Windows Update」の画面です(1903も同様)。Cリリースが利用可能であることが、「オプションの更新プログラムがあります」に案内されます。

画面1 画面1 Windows 10 バージョン1903/1909からはWindows 10向けのCリリースの更新プログラムが「オプションの更新プログラム」として案内されるように

 ユーザーはこの更新プログラムをインストールしたい場合、「ダウンロードしてインストール」をクリックします。Windows 10 バージョン1903以降は、以前のバージョンの「更新プログラムのチェック」をクリックすることでオプションの更新プログラムが勝手にダウンロードされ、インストールが始まってしまうという仕様からは大きく改善されました(注:Windows 10 バージョン1809とWindows Server 2019にこの機能はなく、「更新プログラムのチェック」をクリックすると、オプションの更新プログラムのダウンロードとインストールが始まります)。

 ただし、.NET Frameworkの「更新プログラムのプレビュー」は残念なことに案内されることはなく、「更新プログラムのチェック」をクリックするとダウンロードとインストールが始まってしまいます(Windows 10 バージョン1903以降で「更新プログラムのチェック」をクリックせずに自動更新で検出された場合は「ダウンロード」ボタンが提示されるようです)。

 画面2は、Windows 10 バージョン2004のCリリースの案内です。ユーザーインタフェース(UI)が変更され、オプションの更新プログラムがある場合に「オプションの更新プログラムを表示」のリンクが提示されるようになります。それをクリックすると「その他の更新プログラム」として選択的に更新プログラムをチェックしてインストールできるように変更されています。

画面2 画面2 Windows 10 バージョン2004からのWindows 10向けのCリリースの更新プログラムの案内。「オプションの更新プログラムを表示」、チェックボックスをチェック、「ダウンロードしてインストール」のクリックの3ステップが必要に

 チェックボックス形式になったのは、オプションの更新プログラムが複数ある場合に選択できるようにしたものなのでしょうか。それとも、「ダウンロードしてインストール」を早まってクリックすることを防止するためにワンクッションを置いただけなのか、今のところ情報はありません。

 この変更点を含め、2020年7月の「更新プログラムのプレビュー」は突っ込みどころが満載でした。筆者が気付いたことをご覧ください(Feedback Hubなどを通じてフィードバック済み)。

こんなWindows Updateはいやだ(1)――「更新プログラムのプレビュー」の日本語がめちゃくちゃだ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「Windows 7」サポート終了 対策ナビ

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。