連載
» 2020年08月20日 05時00分 公開

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(117):Azureファイル共有のAzure Backupによる保護がより簡単に

Azureファイル共有のAzure Backupによるバックアップ保護が、容易に構成および管理できるようになりました。既にAzure仮想マシンでは同様の統合が行われていますが、より直観的かつ簡単に利用できるようになりました。

[山市良,テクニカルライター]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「Microsoft Azure最新機能フォローアップ」のインデックス

Microsoft Azure最新機能フォローアップ

Azure Backupの機能がAzureファイル共有のブレードに統合

 Microsoft Azureの「Azure Backup」は、Azure仮想マシン(WindowsおよびLinux)やAzure仮想マシンで稼働中の「SQL Server」データベース、オンプレミスのWindows ServerやWindowsクライアント、オンプレミスのアプリケーション(Hyper-V仮想マシンやSQL Serverデータベース)、「Azureファイル共有」をクラウドの記憶域に継続的にバックアップする、クラウドベースのバックアップサービスです。

 Azureファイル共有は、クラウドベースのサービスとして提供されるサーバレスのSMB(Server Message Block)共有サービスです。Azureのリージョン内(例えば、Azure仮想マシンからのアクセス)ではSMB 2.1またはSMB 3.0で(2020年7月から一部のリージョンでNFS 3.0アクセスのプレビューが開始)、Azureの別リージョンやオンプレミスからのインターネット経由では暗号化が必須とされるSMB 3.0でファイル共有にアクセスできます。

 また、「Azureファイル同期」と組み合わせることで、オンプレミスのWindows Serverのファイルサーバと共有フォルダを双方向で同期し、マルチプロトコル対応のキャッシュサーバとして、あるいはオンプレミスのファイルサーバのレプリカとして利用できます。

 これまでもAzure Backupが使用する「Recovery Servicesコンテナ」からの通常の構成と管理操作で、Azureファイル共有のバックアップ保護を構成することが可能でした(画面1)。2020年8月5日(米国時間)からは、Azureファイル共有の「ファイル共有」ブレードから直接Azure Backupによるバックアップの有効化と、バックアップや復元操作を実行できるようになりました(画面2)。

画面1 画面1 これまでもRecovery Servicesコンテナからの標準的な手順でAzureファイル共有を検出し、バックアップを構成および管理できた
画面2 画面2 新たにストレージアカウントの「ファイル共有」ブレードに「バックアップ」操作メニューが追加された

Azure仮想マシンでは2016年12月から利用可能な直観的なバックアップ操作

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。