ニュース
» 2020年08月20日 08時00分 公開

「ムーアの法則は限界、シリコンの先へ」:COVID-19の影響は先進テクノロジーにも ガートナーが「先進テクノロジのハイプ・サイクル:2020年」を発表

ガートナー ジャパンは、「先進テクノロジのハイプ・サイクル:2020年」を発表した。今後5〜10年にわたって競争優位性をもたらす可能性が高い一連の技術に注目し、1700以上の技術を分析した上で知見を抽出して30の先進技術と5つのトレンドにまとめた。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 ガートナー ジャパンは2020年8月19日、「先進テクノロジのハイプ・サイクル:2020年」を発表した。今後5〜10年にわたって競争優位性をもたらす可能性が高い一連の技術に注目し、1700以上の技術を分析した上で知見を抽出して30の先進技術と5つのトレンドにまとめたという。

 ガートナーが示した技術トレンドは、「デジタルミー」「コンポジットアーキテクチャ」「フォーマティブAI(人工知能)」「アルゴリズムによる信頼」「シリコンの先へ」の5つ。

画像 先進テクノロジのハイプ・サイクル:2020年(出展:ガートナー

5つの先進技術とトレンド

デジタルミー

 ガートナーは、「技術と人の統合が進みつつあり、デジタルパスポートやソーシャルディスタンシング技術など、人をデジタルで表現する新たな機会が生まれている」と指摘する。このカテゴリーに含まれる技術としては「人のデジタルツイン」や「ヘルス・パスポート」「シチズンツイン」などが挙げられており、これらはいずれもハイプ・サイクルの黎明(れいめい)期にあるとしている。

コンポジットアーキテクチャ

 ガートナーは「アジャイルな組織になるためには、コンポジットアーキテクチャのカテゴリーに含まれる技術に注視すべきだ」としている。このカテゴリーに含まれる技術は「コンポーザブルエンタプライズ」や「データファブリック」「プライベート5G」「組み込み型AI」などだ。

フォーマティブAI

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。