ニュース
» 2020年08月20日 14時30分 公開

Rust Core Teamが「Rust財団」の設立計画を発表:Mozillaの約250人のリストラ、「Rust」の未来への影響は?

Rust Core Teamは、「Rust財団」の設立計画を発表するとともに、Mozillaが最近発表したレイオフが「Rust」コミュニティーに与える影響について説明した。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 オープンソースのプログラミング言語「Rust」を開発するRust Core Teamは2020年8月18日(米国時間)、公式ブログで「Rust財団」の設立計画を発表するとともに、Rustプロジェクトの主要スポンサーであるMozillaが最近発表したレイオフがRustコミュニティーに与える影響について説明した。

Laying the foundation for Rust's future(Rust Blog)

 Rustプロジェクトは2010年にMozilla Researchプロジェクトとして最初に構想されたが、2015年のRust 1.0のリリースを機に、Mozillaから独立したプロジェクトの運営とガバナンスを確立。それ以来、自律した組織として活動し、Mozillaは財務および法務面で同プロジェクトを一貫して支援してきた。

 ところが、Mozillaは2020年8月11日(米国時間)にリストラと従業員約250人のレイオフを発表。Rustプロジェクトおよびコミュニティーの活発なメンバーがレイオフ対象に含まれていたことから、Rustプロジェクトへの影響に関する懸念が広がっていた。

 Rust Core Teamはこの状況を踏まえ、Mozillaの動きがRustプロジェクトに与える影響をまず説明した。

Rustプロジェクトへの影響

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。